イギリスのモンサンミシェル!?小さな孤島に浮かぶ伝説の城「セント・マイケルズ・マウント」

世界的に知られているフランスの修道院と言えば「モン・サン・ミシェル」ですが、実はイギリスにもそっくりな島が存在しているのをご存知でしょうか。 ロンドンから電車に揺られてコンウォール州の西部にあるペンザンス駅からバスで15分ほどで見えてくる「セント・マイケルズ・マウント 」は、1000年前に海の上に浮かぶ小さな島に建てられたお城として知られています。

セント・マイケルズ・マウント St Michael’s Mount

セント・マイケルズ・マウントの風景
photo by tripadvisor.jp

世界的に知られているフランスの修道院と言えば「モン・サン・ミシェル」ですが、実はイギリスにもそっくりな島が存在しているのをご存知でしょうか。
 
ロンドンから電車に揺られてコンウォール州の西部にあるペンザンス駅からバスで15分ほどで見えてくる「セント・マイケルズ・マウント 」は、1000年前に海の上に浮かぶ小さな島に建てられたお城として知られています。
 
当時は錫を取引する貿易港として栄えていた場所らしいのですが、不思議な伝説も残っていて、アーサー王がブリテン島を治めていた時代に、この島にコーモランという巨人が住民を困らせていたそうです。
 
ある少年が落とし穴を掘り、この巨人を仕留めて村に平和が訪れたという神秘的なストーリーが言い伝えられています。

 
セント・マイケルズ・マウントの歩道
photo by flickr.com

「セント・マイケルズ・マウント 」へのアクセス方法ですが、干潮時になると細くて長い石畳の道が徐々に現れてきます。満潮時になってしまうとその道が隠れてしまうので事前に潮の流れを確認してから島へ向かうのをお勧め致します。
 
万が一、到着した時にはすでに海に囲まれていて歩くことができない!という旅行者の方は島行きのボートもございますので、のんびりと海の風景を楽しみながら渡ってみて下さいね。

 
セント・マイケルズ・マウントの城
photo by flickr.com

15分ほど歩きますと「モン・サン・ミシェル」のような修道院というよりは古城という感じの外観が見えてきます。
 
エントランスへ入りますと、歴史を感じさせる風情が一面に広がります。中には巨大な大砲などが数台並べられていて、趣のある幻想的な世界へ導かれていきます。
 
この島は11世紀頃にベネディクト派修道院の礼拝堂が建設されるまでは、ケルトの聖地として多くの巡礼を集めていたそうなのでスピリチュアルなパワーも十分に頂けそうですね。

 
コンウォール地区のミナック・シアター
photo by flickr.com

先ほどのペンザンス駅からさらに西へと目指しますとコンウォール州のポースカーノという場所に聳え立つ野外劇場「ミナック・シアター」がございます。
 
イギリス人のロウェナ・ケイドさんという方が地元の劇団のためにコツコツと石を積み上げて作り上げたそうです。迫り来る壮大な海とスカイブルーの空に包まれている自然劇場は、海岸の断崖に造られていてその見事な石畳の建築に目を奪われてしまいそうです。晴天に恵まれた日にはこちらで演劇をぜひお楽しみ下さいませ。

 
コンウォール地区のポースカーノ
photo by flickr.com

野外劇場「ミナック・シアター」の近くに位置します「ポースカーノ」は緑溢れる小さな村で素晴らしい景色を堪能することができるビーチが点在しております。地元の人が多いこの場所は隠れスポットで、イギリスの中でも最高に美しいビーチの一つに入るかと思います。

 


 
この記事についたキーワード