砂漠だけど、砂漠だけじゃない!多方面の魅力を持つモンゴルの「ゴビ砂漠」

ゴビ砂漠は中国北部からモンゴル南部にかけて広がる、世界で4番目の大きさを誇る砂漠地帯です。砂漠だけど、砂漠だけじゃない。そんな多方面な魅力を持つ「ゴビ砂漠」。野生動物や恐竜の化石の宝庫でもあるこの場所は、スケールの大きな地球の自然を体験したい方にオススメです。

ゴビ砂漠 the Gobi

ゴビ砂漠1
photo by tripsmongolia.com

ゴビ砂漠は中国北部からモンゴル南部にかけて広がる、世界で4番目の大きさを誇る砂漠地帯です。日本ではこの表現が定着していますが、ゴビとはモンゴル語で「草がまばらに生える場所=砂漠」を意味する言葉。つまりゴビ砂漠というと「砂漠砂漠」という意味になります。サハラ砂漠と同じですね。トリップアドバイザーの「死ぬまでに行きたい幻想的な砂漠15」にも選ばれた、見所満載のゴビ砂漠をご紹介します。

 
ゴビ砂漠4
photo by wikimedia.org

モンゴルの首都ウランバートルから、飛行機で飛ぶこと約一時間半。モンゴルの一番南に位置するウムヌゴビ県のダランザドガド。ここがゴビ観光の拠点になる街です。砂漠というと一面の砂の海を想像されると思いますが、ゴビ砂漠はひと味違い、モンゴルらしい草原の向こうにいきなり砂丘が現れ、緑・ベージュ・青の不思議なコントラストを生み出します。砂丘だけではなく森林や渓谷、岩山などいろいろな顔を持つのが「ゴビ」なのです。

 
ヨリーン・アム
photo by mongoliangobitour.com

ダランザドガドから東へ70km。多くの旅行者がまず訪れるのが「ワシの谷」を意味するヨリーンアム渓谷。この谷はゴルバンサイハン山脈に位置し、標高2,200mの高地にあるため、夏でも雪が溶けない涼しい渓谷です。そして何よりも野生生物の宝庫として有名です。さわやかな風が吹き抜ける緩やかな渓谷をハイキングするのはとても気持ちの良いものです。

 
ヤンギル
photo by mongoliangobitour.com

途中、野生の山羊、ヤンギルの群れに出会ったり・・・

 
ナキウサギ
photo by mefrg.org

ところどころに地面に開いた穴から、愛らしいナキウサギがひょっこり顔を出すこともあります。

 

ゴビ砂漠のツアー情報をチェック!


 
この記事についたキーワード