英国で最も美しい透明度の高いビーチが点在している「チャンネル諸島」

フランスのコタンタン半島の西方と英国海峡の間に浮かぶ「チャンネル諸島」は、穏やかで新鮮な空気と研ぎ澄まされた水に囲まれた美しい島々。都会の喧騒から離れたプライベートな空間は、静寂な雰囲気に包まれて開放感に満たされる旅になることでしょう。

チャンネル諸島 Channel Islands

チャンネル諸島の景色
photo by flickr.com

フランスのコタンタン半島の西方と英国海峡の間にいくつかの小さな島が浮かんでいますチャンネル諸島は、イギリス王室属領ですが英国連合王国と欧州連合には加盟されていないというとても複雑なシステムを持っているそうです。政治に関してはイギリス議会の支配を受けることはないようですが、独自の議会と政府を確立していてイギリスの法律や税制、欧州連合の共通政策は適用されないようです。

 

ジャージー島

ジャージー島のプレモントベイ
photo by flickr.com

チャンネル諸島は、ジャージー島、ガーンジー島、オルダニー島、サーク島、ハーム島の5つの島から成り立っています。まずはそのうちの一つ、ジャージー島をご紹介したいと思います。ジャージ島と言えば日本でもお馴染みの「ジャージー牛乳」を連想させますが、その由来とも言えるジャージーの牛が一番有名でしょう。実はこの島は1940年代にドイツに占領されていましたが、現在はイギリス人とフランス人が住んでおり素晴らしいビーチが多数点在しています。

 
ジャージー島のプレモントベイのビーチ
photo by flickr.com

島の北西に位置しております「プレモント・ベイ」では、美しい絶景を見渡すことのできる静寂に包まれたビーチで泳ぐことができます。車やバスでアクセスが可能ですので、大切な方とご一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

 
ジャージー島のMont-Orgueil-castle
photo by flickr.com

島の東側にございます”Mont Orgueil Castle”は、かつては刑務所として使用された時期やドイツに占領された過去を持つ趣のあるお城となっております。現在はジャージー島の重要な歴史遺産として厳重に管理されており、世界各国から観光客が集まる場所になっています。お城の中は少し階段が多いですが頂上へ登りますと息を呑むほどの最高の景色を眺めることができますのでぜひ覗いて見て下さいね。

 
ジャージー島のデュレル・ワイルドライフ・パーク
photo by tripadvisor.co.uk

島の北に位置しています「デュレル・ワイルドライフ・パーク」は、家族連れのお客様にも喜ばれます美しい森林と緑を備えた壮大な動物園となっております。イギリスでも珍しい熊やゴリラ、オラウータンといった大きな動物が飼育されていて、お食事も堪能することができますカフェなどの施設も整っていて快適に過ごすことができそうです。

 


 
この記事についたキーワード