日本・中国・西洋の雰囲気を一度に堪能できる新注目ホテル「セトレ・グラバーズハウス長崎」

日本国内の中でも異国情緒あふれる地域として有名なのが、長崎。カステラや大浦天主堂など、どこかエキゾチックさを感じる文化が育まれています。そんな長崎の山手町に2015年3月にオープンしたのが「セトレ・グラバーズハウス・長崎」。日本、中国、オランダの3つの文化が入り混じる素晴らしきホテルをご紹介致します。

セトレ・グラバーズハウス長崎

セトレ・グラバーズハウス長崎の外観
photo by hotelsetre-nagasaki.com

日本国内の中でも異国情緒あふれる地域として有名なのが、長崎。
カステラや大浦天主堂など、どこかエキゾチックさを感じる文化が育まれています。
そんな長崎の山手町に、「セトレ・グラバーズハウス長崎」はあります。

 
セトレ・グラバーズハウス長崎のラウンジ
photo by hotelsetre-nagasaki.com

このホテルには、往時の外国人居留地を思わせる自慢のラウンジがあります。
その名も「樂ラウンジ」です。
長崎発の季刊誌「樂」には長崎の魅力が満載ですが、それを形にしたようなものが樂ラウンジです。
ラウンジにはこだわりの本や品々があり、そこから長崎を彩る様々な国の面影などを感じ取っていただけます。

 
セトレ・グラバーズハウス長崎の客室
photo by hotelsetre-nagasaki.com

客室も、往時の外国人居留地の面影を感じられるようになっております。
リニューアルされて南欧風にアレンジされており、新築のように生まれ変わりましたが、窓などを見ると当時を思わせるような観音開きの扉があったりします。

 
セトレ・グラバーズハウス長崎の客室
photo by hotelsetre-nagasaki.com

色合いも非常に落ち着いており、ゆったりとくつろいでいただくにはぴったりな客室です。

 
セトレ・グラバーズハウス長崎の朝食
photo by hotelsetre-nagasaki.com

このホテルに来たら、極上のグルメを堪能しない手はありません。
それは、一日のスタートとなる朝食からすでに始まっております。
ホテル名物「和華蘭(わからん)朝食」をご堪能ください。
決して「分からん」の意味ではなく、和食、中華、洋食がミックスとなった長崎の歴史を凝縮したような朝食です。

 
セトレ・グラバーズハウス長崎の料理
photo by hotelsetre-nagasaki.com

一日の締めとなる夕食にも「和華蘭」の精神は宿っております。
長崎は4つの海に囲まれており、海産物の宝庫です。
さらに山の恵みも豊富で、食材の素晴らしさは言うに及びません。
女性にはうれしいデザートも納得の味です。

 
セトレ・グラバーズハウス長崎の料理
photo by hotelsetre-nagasaki.com

それに加えて、和食、中華、洋食と異なる国から伝わった食文化を一度に堪能できるのも、このホテルならではです。
夕食にはぜひ、ホテル自慢の「和華蘭コース」をご堪能ください。

 
セトレ・グラバーズハウス長崎の客室
photo by hotelsetre-nagasaki.com

長崎で優雅な時間を送ることができる「セトレ・グラバーズハウス長崎」。ぜひ長崎に滞在の際は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

セトレ・グラバーズハウス長崎の予約・詳細情報はこちら

 


 
この記事についたキーワード