イスタンブール・ボスポラス海峡にある隠れ家的ホテル「スマハン・オン・ザ・ウォーター」

トルコという国を、またはイスタンブールという街を、ヨーロッパとアジアに2分しているボスポラス海峡。そのボスポラス大橋よりもさらに先、アジア側のチェンゲルキョイというエリアに、密かな人気を誇る隠れ家的ホテル「スマハン・オン・ザ・ウォーター」が佇んでいます。

スマハン・オン・ザ・ウォーター Sumahan on the Water

ボスポラス大橋
photo by booking.com

トルコという国を、またはイスタンブールという街を、ヨーロッパとアジアに2分しているボスポラス海峡。ドルマバフチェ宮殿などの華麗な建築物が建ち並ぶヨーロッパ側のベシクタシュあたりまでは、いつも多くの観光客で賑わっています。しかしその先にあるポスポラス大橋付近ともなると、訪れる人の数は少しずつ減って行き、地元感漂う少しのんびりとした雰囲気になっていきます。ボスポラス大橋よりもさらに先、アジア側のチェンゲルキョイというエリアに、密かな人気を誇る隠れ家的ホテルが1軒あります。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターの全景
photo by jp.hotels.com

そのホテルの名は「スマハン・オン・ザ・ウォーター」。その名の通りまるでボスポラス海峡の浮島にできたような、水辺のホテルです。オスマン帝国後期の19世紀、この建物はトルコの地酒ラクの原料になるスマというお酒の蒸留所としての役割を果たしていました。廃業になったこの蒸留所を、建築家でもあったトルコ系アメリカ人のオーナーが隠れ家的ホテルへとリノベーションしたのです。ボスポラス海峡沿いの建物で、元の持ち主により今も管理されているケースは大変珍しいそうです。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターのインテリア
photo by jp.hotels.com

とっても小さなホテルで、客室数はたったの20室。「人気が出て予約が取れなくなると困るので、なるべく他の人に教えたくない」というファンの気持ちがわかるような気がします。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターのロビー
photo by jp.hotels.com

豪華というよりもどこか北欧のテイストを感じさせるシンプルでスタイリッシュなホテルのロビー。寒い時期には暖炉に火が入れられ、より一層あたたかい雰囲気を醸し出しています。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターの部屋1
photo by jp.hotels.com

客室も決して広くはありませんが、同じくスタイリッシュなインテリアでまとめられています。こちらは「デラックス・ルーム」。白に黒い縁取りが施された壁に、ベッドの真紅が映える素敵な空間です。窓からはボスプラス海峡がすぐ目の前。ほとんどの部屋に暖炉がついています。広さは約16㎡。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターの部屋3
photo by jp.hotels.com

こちらは「エグゼクティブ・スイート」で、広さは約200㎡。ソファやデスク、DVDプレイヤー、薄型テレビ、ミニバーが備わっています。部屋の中央には大きな暖炉が。壁一面に付けられた窓からの眺望も大変贅沢なものです。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターの部屋2
photo by jp.hotels.com

「エグゼクティブ・スイート」のベッド・スペース。印象的な黒い梁天井と清潔感溢れるシンプルなベッドが心地良い空間です。横の窓からは、もちろんボスプラス海峡が。快適な空気感が伝わってくる日当たりの良いお部屋です。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターのバスルーム
photo by jp.hotels.com

お部屋にはそれぞれシャワー・ルームかバス・ルームがついています。こちらはモダンというよりもどこかトルコ風。白い大理石が使用されています。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターのレストラン1
photo by jp.hotels.com

このホテルには1つのレストランと1つのカフェが併設されています。開け放たれたテラスからの風が心地よいTapasuma Restaurant(タパスマ・レストラン)。地元のトルコ料理と地中海料理のメッゼ(オードブル)を楽しむことができます。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターのレストラン2
photo by jp.hotels.com

ビュッフェ形式のメッゼ。日本人の口にも合う、野菜や魚をたくさん利用したおいしいメニューが揃っています。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターのハマム
photo by jp.hotels.com

こじんまりとしたホテルですが、トルコの伝統的入浴施設ハマムもちゃんと用意されています。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターのテラス
photo by jp.hotels.com

ホテルには、ジムやサウナなども併設されていますが、一日中テラスに座って、ボスポラス海峡を行き交う大型船やフェリーを眺めているのも良いかもしれません。決して見飽きることはないでしょう。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターの専用ボート
photo by jp.hotels.com

イスタンブールの中心地から少し離れているため、観光には不便なのではと心配になるかもしれません。ホテルには市街地へ向かうプライベート・ボートが用意されているので安心です。ヨーロッパ側まで約20分のクルーズ。確かに少し時間はかかるかもしれませんが、それも楽しみの1つ。実質的にはボスプラス海峡クルーズをただで楽しめてしまうことになります。

 
ボスプラス海峡の夕焼け
photo by booking.com

市街での活気に満ちた観光を終えたら、夕日が輝くボスプラス海峡を渡って、またホテルへ。心が落ち着いていくのを感じます。

 
スマハン・オン・ザ・ウォーターでの夕焼け
photo by booking.com

アクティブに楽しむというよりも、穏やかな大人の時間を過ごしたい方のための「スマハン・オン・ザ・ウォーター」。まさに隠れ家的な、ボスプラス海峡に浮かぶ小さなホテルです。

 

スマハン・オン・ザ・ウォーターの予約・詳細情報はこちら

 


 
この記事についたキーワード