進撃の巨人のモデルになった?ドイツ「ネルトリンゲン」日帰りプラン

中世の街並みを色濃く残す人口2万人の都市ネルトリンゲン。進撃の巨人のモデルとも謳われるこの都市は、ドイツのミュンヘンから電車で2時間ほどの距離にあります。そこで今回は日帰りでも十分楽しめるネルトリンゲンの魅力をご紹介します。

市壁に囲まれたネルトリンゲン

ネルトリンゲンの上空からの写真photo by http://www.noerdlingen.de/ 

ネルトリンゲンはドイツの南、バイエルン州のシュバーヴェン地方に位置する巨大な郡都市です。かつて帝国自由都市であったこの都市は日本でも人気の高い“ロマンチック街道”の1つで、中世の街並みを今でも色濃く残しています。

 

ミュンヘンからの日帰り観光

ドイツのチケット販売機
photo by www.spiegel.de/ 

ネルトリンゲンはミュンヘンから電車に乗って約二時間。見て回るのには一日で十分な広さなので、泊まりではなく日帰り旅行がおすすめです。バイエルンチケットを購入してお得に賢く旅をしましょう!

 

お得なバイエルンチケット

バイエルンチケットphoto by www.faz.net/

バイエルンチケットとは、バイエルン州内ならどこへでも行くことの出来るチケットのこと。お値段は1枚23ユーロですが、人数が一人増えるごとに+5ユーロのみ追加で5人まで同行が出来ます。使用時間も朝9時から夜中の3時まで有効なので、この一枚で行き帰りが可能。ただし使用できる電車は鈍行のみなのでご注意を。チケット販売の機械から乗り継ぎを調べて印刷することも出来るので是非とも利用してください。

 

いざ、ネルトリンゲンへ

ネルトリンゲンのライムリンガー門
photo by ananas 

到着してすぐにネルトリンゲンの特徴である壁に出会えるわけではありません。駅を出たら街の中央へ歩いていきましょう。所要時間は約10分。5つの楼門の一つ、ライムリンガー門がお出迎え。

 

ネルトリンゲンの市壁

ネルトリンゲンの市壁
photo by www.alaturka.info 
ネルトリンゲンの市壁は、ドイツに完全な状態で現存する唯一の市壁です。その長さは2.6kmもあり、街を囲むように建てられています。

   

ネルトリンゲンの市壁
photo by xn--u9j0iobn4l602qghwqxlvz9g.jp 
この立派な市壁は、進撃の巨人の壁を彷彿させます。

 

ネルトリンゲンの市壁2
photo by www.staedte-fotos.de 
ぐるりと一周回ってみるのも良いかもしれませんね。

 

教会から街を一望する

ネルトリンゲンの聖ゲオルク教会photo by de.academic.ru 
街の中心にある聖ゲオルク教会は1427年から1505年にかけて建てられたプロテスタントの市教会です。教会の後ろに見える通称“ダニエル”と呼ばれる90mの高さの塔と合わせて街のシンボルとなっています。

  
ネルトリンゲンのダニエルの塔
photo by www.ferienland-donau-ries.de 
こちらが通称“ダニエル”。塔の上に行くまでに365段の階段を登ります。上まで登ると塔の番人が居るので、そこで入場料を支払います。大人は3ユーロ・子供は2ユーロ。場所が場所ですから、迷惑の掛からないように大きなお金での支払いは控えましょう。

  

ダニエルからの景色
photo by www.romantischestrasse.de/
“ダニエル”から見える景色。ぐるっと一周できます。屋根の小窓も進撃の巨人に登場する家を彷彿させますね。

 

進撃の巨猫?

ネルトリンゲンの猫のポストカード
photo by ananas
番人の居る“ダニエル”の最上階ではポストカードなどのお土産も購入できます。その中でも一際目を引くこちらのポストカード。しかし何故ネコと塔の写真??・・・実はこの猫、5~6年ほど前から塔に住み着いている看板猫なのです

  

ネルトリンゲンの看板猫
photo by www.noerdlingen.de
名前は“ヴェンデルシュタイン”。塔“ダニエル”の昔の呼び名から付けられました。地元では知らない人は居ない有名猫。彼女が住み着くようになってから塔での鳩の糞被害がなくなったそうです。一日に数回散歩へ行くようなので、塔内で会うことができたらラッキーかもしれません。

  

ネルトリンゲンのツアー情報をチェック!


 
 
この記事についたキーワード