まるでRPGの世界!世界三大仏教遺跡の一つ「バガン遺跡群」

バガン遺跡群は、カンボジアのアンコール遺跡、インドネシアのボルブドゥール遺跡とともに世界三大仏教遺跡と並び称される仏教遺跡群です。ミャンマーに来たら絶対に外せない観光スポットであるここバガンでは、まるでRPGの世界に紛れ込んだかのような絶景が目の前に広がります。日本人にあまり知られていないミャンマーですが、民主主義化を果たしてから、急速に発展を遂げる一方で、変わらずにあり続けるミャンマー独自の文化にも触れることができるのが、ここバガンです。

バガン遺跡群

バガン遺跡群の風景
photo by genalyn.com

バガンはミャンマー・マンダレー地方域にある地名です。
イラワジ川中流域の東岸の平野部一帯に、大小さまざまな仏教遺跡が林立しています。
バガンとは広くこの遺跡群が存在する地域を指し、ミャンマー屈指の仏教聖地でもあります。

 

バガン遺跡群の風景
photo by genalyn.com

様々な形の仏塔が木々の合間をぬって、視界いっぱいに広がっている光景は絶景です。

 

バガンの街並み
photo by genalyn.com

ここバガンは、ミャンマー観光のハイライトとなる場所なのですが、バガンという地名は通称のようなもので、バガンの町は、「ニャンウー」「オールドバガン」「ニューバガン」という区域に分かれてます。

 

バガンの街並み
photo by genalyn.com

「ニャンウー」には、他の街からの船やバスが到着します。
ゲストハウスなどの安宿がここに集まっており、マーケットやインターネットカフェなどもたくさん揃っている場所です。

 

バガン遺跡群の風景
photo by genalyn.com

「オールドバガン」に遺跡がたくさん集まっており、ニャンウーから自転車や馬車で来る観光スポットです。
そして、「ニューバガン」にも遺跡はありますが、ここにはホテルやお土産店などが並んでます。
ニャンウーからニューバガンまでは、自転車で1時間かかるくらいの距離です。

バガン遺跡群のツアー情報をチェック!


 
 
この記事についたキーワード