南国の風に吹かれながら味わいたい「ハワイの美味しくてオシャレな朝ごはん」おすすめ8選

南国・ハワイにはおしゃれで美味しい朝ごはんがたくさんあります。生クリームやフルーツたっぷりのパンケーキや、日本でも流行りだしたとろとろ卵が堪らないエッグベネディクト。甘さと柔らかさ、表面のカリカリが病みつきになるフレンチトースト、ヘルシーで美容に良いアサイーボウル。どれもこれも考えただけでお腹が空いてしまうものばかりです。爽やかな朝の風に吹かれて、美味しい朝ごはんを食べにハワイを訪れてみてはどうでしょうか。

ハワイ アラモアナビーチphoto by www.expedia.co.jp

ハワイは、北からカウアイ島・オアフ島・モロカイ島・ラナイ島・マウイ島・ハワイ島の6つの島を中心に100以上の小島で成り立っている諸島です。
 
その南国の香り、爽やかな潮風、オレンジ色の太陽、青い空と海は人々の心を掴んで離しません。
 
そんな魅力溢れるハワイには美味しくてオシャレな朝ごはんがたくさん。考えただけでもお腹が空いてきますね。

 

カフェ・カイラ

カフェカイラ パンケーキ 全部乗せphoto by www.vogue.co.jp

日本でハワイの朝ごはんとして火付け役ともなったパンケーキ。その味と種類は豊富にあるため、朝の気分で選んでみてはいかがでしょう。
 
フルーツをたくさん摂りたい方におすすめなのが、オアフ島のホノルルにある「カフェ・カイラ」。元小学校の教師であるカイラがオーナーを務めるこのお店は、2015年にベスト朝食賞で金賞を取得した味に定評のあるお店で、日本にも支店があります。
 
こちらのカイラオリジナルパンケーキ(トッピング全部のせ)は、パンケーキ3枚の上にイチゴ・バナナ・ブルーベリー・リンゴのカラメリゼがこれでもかとのっており、ジューシーでフレッシュなフルーツをホイップクリームとシロップで味付けして食べることが出来ます。

 

エッグスン・シングス

エッグスン シングス パンケーキphoto by e.his-j.com

ハワイの定番パンケーキといえば、オアフ島のホノルルにある「エッグスン・シングス」。ハワイで一番おいしいと定評があります。
 
1974年にジェリー・フクナガ、ジャン・フクナガ夫妻がアロハな思いを持って開店したお店です。その思いは、新鮮な素材使って、毎日食べられる価格で、すべてのお客様に家族のように接することだそうです。創業37年間の伝統の中、変わらない味とその思いを引き継いでいます。
 
エッグスン・シングスのパンケーキメニューは豊富ですが、中でもストロベリー・ホイップクリームとマカデミアナッツは一番人気です。ホイップクリームが山盛りのっているので、ホイップクリーム好きにはたまらない一品。甘さは控えめなので、男性の方でも美味しくいただけますよ。

 

モークスブレッドアンドブレックファースト

モークスブレッド&ブレックファースト パンケーキphoto by 4travel.jp

パッションフルーツ味のリリコイソースをあしらったパンケーキで有名なのが、オアフ島カイルアにある「モークスブレッドアンドブレックファースト」。こちらのお店はテラス席があり、ハワイの朝の風と光で元気いっぱいの一日を迎えられます。
 
パッションフルーツが甘酸っぱいので、一口頬張ると口いっぱいに爽やかな風味が広がります。

 

オリジナルパンケーキハウス

オリジナルパンケーキハウス パンケーキphoto by www.pancake-house.jp

オールドアメリカンの雰囲気を味わえる、パンケーキの老舗といえば「オリジナルパンケーキハウス」。1953年にレス・ハイエットとエルマ・ヒューニークによって創業され、長い時間をかけてオリジナルのパンケーキが編み出されました。
 
その味はアメリカ全土で大評判となり、今でもずっと愛され続けています。こちらのパンケーキの生地は天然酵母を使い、厳しく温度管理をされた部屋で3日間熟成させて作るそうです。
 
このオリジナル生地のパンケーキ、ダッチベイビーはサクサクしていてほんのり甘く、とてもボリューミーです。おすすめの食べ方は、ベーコンなどを追加して一緒に食べることです。甘いものとしょっぱいもので、ちょうどよいバランスになります。

 

ハワイのツアー情報をチェック!


 
この記事についたキーワード