旅人を癒す絶景スポット!巨石群と遺跡の街「ハンピ」

インドには旅人を惹きつけて止まない場所があります。訪れた旅人が絶賛し、そしてインドで一番おススメされる場所。それがインド中南部に位置する小さな村、ハンピ。世界遺産に登録されており、あちらこちらに遺跡が点在しています。ハンピの魅力は、精巧な彫刻が施された遺跡群と、巨大な石や岩がごろごろと転がっている、まるで異世界のような絶景が広がっている点です。インドのイメージにはない、あまり知られていない穴場的絶景、ハンピをご紹介します。

ハンピと遺跡の風景
photo by Arun Shivanandan

ハンピは、インド南部カルナータカ州にある村で、かつてのヴィジャヤナガル王国の首都であった場所です。
ハンピに残存する都市の遺構は、1986年に「ハンピの建造物群」の名称で世界遺産の文化遺産に登録されました。

 

ハンピ 巨石と遺跡
photo by bacupmick

ハンピには、26㎢に渡って40以上のヒンドゥー寺院などの遺跡が広範囲に点在しています。

 

ハンピの村
photo by genalyn.com

ハンピはとても小さな村で、観光客のための安宿やお店、レストランが数件あるだけ。
牛やヤギ、サルがあちこち歩き回っており、大変のどかな小さな村です。

 

ハンピの遺跡
photo by drift.jp

ハンピの村のシンボルとなるのが、写真のヴィルパークシャ寺院。
他の寺院がほとんど遺跡であり廃墟であるのに対して、この寺院はいまだ人々が祈りを捧げに訪れる生きている遺跡です。

 

ハンピの風景
photo by genalyn.com

ヴィルパークシャ寺院はハンピの村から一番近い場所に位置しており、村のどこにいても目にすることができます。
そして小さな村を離れ、少し歩けばそこには絶景が広がっています。

 

ハンピのツアー情報をチェック!
 
この記事についたキーワード