一度は行ってみたい「ヨーロッパの魅力的なお城」おすすめ6選

ヨーロッパには絵本の世界から飛び出してきたような魅力に溢れ、歴史が古く興味深い建造物が数多く残されています。その中でも特にオススメの6つのお城をご紹介します。現地へ赴き、ヨーロッパの歴史を振り返りながら観光するのはとても充実した旅になること間違いなしです。「もし自分がお城に住むお姫様や王子様だったら…」とメルヘンな世界へと想像を膨らませるのもまた楽しい時間となるでしょう。

ドイツ・ノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城 
photo by mybus-europe.jp

ノイシュバンシュタイン城はカリフォルニアのディズニーランドにあるシンデレラ城や香港ディズニーランドにある「眠れる森の美女」の城のモデルになったことで有名ですね。
このお城はバイエルン王国国王のルートヴィッヒ2世によって建設されました。
ですが王としてまだまだ若く未熟だった王は、プロセインとの戦いに敗れ、バイエルン王国は権威を失っていきました。
その中で王は現実世界からもともと好んでいた芸術という夢の世界へ逃れるように、ノイシュバンシュタイン城を建設したとのことです。

 

ノイシュバインシュタイン城・歌人の間 
photo by blog.goo.ne.jp

ノイシュバンシュタイン城内にある「歌人の間」です。芸術好きの国王ルートヴィッヒ2世が尊敬するワーグナーのオペラを上演する為に造ったと言われています。

 

ノイシュバインシュタイン城・王座の間 
photo by blog.goo.ne.jp

こちらの「玉座の間」は大きなシャンデリアが美しいですね。
玉座が据えられていないのは、ノイシュバンシュタイン城の完成前に国王ルートヴィッヒ2世が亡くなってしまったからだそうです。

 

アイルランド・アデアマナーホテル

アデアマナーホテル&ゴルフリゾート 
photo by jp.lhw.com

アデアマナーは1830年代にダンレイブン伯爵がお城を改装して個人邸宅にしたものです。
現在ではホテルとなっていて、宿泊できるようになっています。
こちらには1年365日を表現した365ヶ所のステンドグラスに、1年52週を表した52本の煙突があり、美しさの中にもユーモア溢れる造りになっています。

 

アデアマナーホテル・スイートルーム 
photo by www.adaremanor.com

こちらはアデアマナーホテルのスイートルームです。
レディ・キャロリンズルームと呼ばれているそうですよ。

 


 
この記事についたキーワード