絵画のような美しきトスカーナの絶景!イタリアの世界遺産「オルチャ渓谷」

まるで絵画の中に紛れ込んだような景色が広がる場所。「ヴァル・ドルチャ」、訳して「オルチャ渓谷」。イタリア中部に位置するトスカーナ地方にまたがる地域で、なんとも言えぬ幻想的な絶景を目にすることができます。視界の先まで続くなだらかな丘陵と、天高く伸びる糸杉がぽつぽつと林立している田園地帯。広大な範囲にまたがる世界遺産「オルチャ渓谷」の観光拠点として、その中でも特筆すべき街ピエンツァを中心に、この絶景をご紹介します。

オルチャ渓谷 Val D’Orcia

オルチャ渓谷の絶景
photo by Yosika

オルチャ渓谷は、イタリア・シエナ県南部に位置するアミアータ山からキアーナの谷に向かって、緩やかに傾斜する丘陵地と、ラディコーファニからモンタルチーノにまたがる丘陵地に広がっています。
現地の呼び名は「ヴァル・ドルチャ」といい、「オルチャの谷」と言う意味を表します。

 

オルチャ渓谷の絶景
photo by Context Travel

オルチャの谷は重要な「自然、芸術、文化」公園にもなっており、すばらしい景観と、多くのルネサンスの芸術家により伝播された注目に値する芸術の保存のために、2004年にユネスコの世界遺産として認められました。

 

オルチャ渓谷の糸杉
photo by Giuseppe Moscato

シエナの南東部に広がるこの一帯は14〜15世紀にはシエナの領土となり、絵のような美しい景観づくりが大切にされました。
なだらかな丘に並ぶ糸杉といった風景はルネッサンスの時代も今も数多くの芸術家達に愛され創作意欲をおおいに刺激しています。

 

オルチャ渓谷の絶景
photo by Mathias Liebing

ここは元々粘土質の土壌のため耕作に向かない土地でしたが、約300年に渡る土壌改良の結果、現在のような田園風景が誕生しました。
現在はワイン用の葡萄栽培が盛んです。

 

オルチャ渓谷の絶景
photo by allwalls.com

また、渓谷を横断する道は中世にローマやエルサレムへの主要な巡礼路として使われ、多くの巡礼者や商人たちが行き交っていました。

 

オルチャ渓谷のツアー情報をチェック!


 
この記事についたキーワード