ウユニに行くなら寄って行こう!白い街と呼ばれる美しき世界遺産の古都「スクレ」

ボリビアといえば、ウユニ塩湖の絶景が有名ですが、世界遺産に登録された美しき白い街「スクレ」も必見。南米だけれどもヨーロッパのような美しい街をご紹介します。

148653d72c0a49b45_l
photo by peruinkasroutes.com

スクレは、鏡張りの絶景で有名なウユニ塩湖を有するボリビア共和国の憲法上の首都。

 
148653d7204baa2a1_l
photo by joy555.blogspot.jp

スクレは、ボリビア独立時の調印が行なわれた場所で、16世紀に建造されて以来蓄積されてきたコロニアル様式の古い町並みが残っており、白く美しい建物が多いため、「白の街」とも呼ばれ、その町並みの美しさから世界遺産に登録されました。

 
148653d720d625b42_l
photo by commons.wikimedia.org

かつて膨大な量の銀の集積地として栄えたスクレ。小さいながらも過去の栄華を感じさせる優雅な建物が立ち並んでいます。こちらはスクレの市庁舎。まるでヨーロッパの市庁舎のようです。

 
148653d7207516c65_l
photo by yascovicci.exblog.jp

壁は白色で統一されていますが、屋根は赤レンガで統一されていて、色彩を楽しむことができます。

 

photo by geezaweezer

ボリビアの旅行といったら「ウユニ塩湖」。そこから少し足を伸ばし、スクレの街にも足を運びたいですね。

 

スクレのツアー情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード