建設費1兆円超え!世界が泣いた映画『タイタニック』のテーマパークがドバイに

『エイリアン』や『猿の惑星』、『アイス・エイジ』や『タイタニック』でお馴染みの映画会社20世紀フォックスが同社の人気のテレビ番組や映画をテーマにしたアトラクションをドバイに建設することを発表しました。

20世紀フォックスがドバイにテーパマークを

20世紀フォックスによるドバイのテーパマークのイメージ図
photo by blog.founderscard.com

『エイリアン』や『猿の惑星』、『アイス・エイジ』や『タイタニック』でお馴染みの映画会社20世紀フォックスが同社の人気のテレビ番組や映画をテーマにしたアトラクションをドバイに建設することを発表しました。
 
開園は2018年を予定し、建設費及び開発費はなんと日本円で1兆円以上!

 

 

テーマパークでは、前述の作品だけでなく、『プレデター』やアニメ『シンプソンズ』、ドラマ『サン・オブ・アナーキー』のアトラクション建設も決まっている模様。
 
またアトラクションだけでなく、20世紀フォックスをテーマにしたリゾートホテルも建設予定とのこと。
どのような内容のホテルになるのか、今からワクワクが止まりませんね。

 


 
この記事についたキーワード