東京・六本木で極上の時間を愉しむ「ザ・リッツ・カールトン東京」

東京都港区、六本木エリアを代表する東京ミッドタウン内にあるラグジュアリーホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」。東京・六本木で極上の時間を愉しんでみてはいかがでしょうか?

ザ・リッツ・カールトン東京

ザ・リッツ・カールトン東京
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトン東京は、東京都港区、六本木エリアを代表する東京ミッドタウン内にあるラグジュアリーホテル。
 

 
ザ・リッツ・カールトン東京のロビー
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトン東京のロビーラウンジ
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトン東京の開業は2007年。東京で最高層のビルとなったミッドタウン・タワーの1階から2階、及び高層階の45階から53階までを占めています。
 
そして45階のメインロビーに位置する「ザ・ロビーラウンジ&バー」では、クラシックなアフタヌーンティーセットや厳選された世界各地の茶葉によるティーセレクションを愉しむことができます。

 
ザ・リッツ・カールトン東京の客室
photo by ritz-carlton.jp

こちらは、デラックスルームの客室。スタンダードルームでも、都内最大の広さ52㎡のゆとりがあり、インテリアや設備など客室へのこだわりを凝縮させたお部屋です。
 
和紙や西陣織アートを取り入れたお部屋に設えられたワーキングデスク、伝統工芸を用いたサイド照明のあるベッドなど、洗練された雰囲気と機能性を兼ね備えています。

 
ザ・リッツ・カールトン東京のスイート
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトン東京のスイート
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトン東京のスイート
photo by ritz-carlton.jp

こちらは、ザ・リッツ・カールトン スイートの客室。都内でも最大級の広さとなる300㎡の広さを誇り、ザ・リッツ・カールトンクラブレベル 最上階53階に位置する最高級スイートです。
 
和の伝統的な色調である紫、グレー、ダークブラウンを基調とした色合いのスイートは、ダイニングルームやバスルームに江戸切子作家による照明をつけるなど、各エリアそれぞれに日本の伝統的なデザインや質感、大切に受け継がれてきた職人技を採用し、日本・東京という土地を反映したインテリアが特徴です。

 
ザ・リッツ・カールトン東京のレストラン
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトン東京のレストラン
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトン東京のバー
photo by ritz-carlton.jp

レストラン施設が充実しているところもザ・リッツ・カールトン東京の魅力の1つ。
 
ザ・リッツ・カールトン東京のレストランは、会席・寿司・天麩羅・鉄板焼それぞれのサービスをより魅力的に演出し、素材の持ち味を大切にした料理を愉しむことができる「ひのきざか」、産地直送の魚介やフランス産の肉、新鮮な野菜、果物を用いた、モダンフレンチのエレガントなレストラン「Azure45(アジュール フォーティーファイブ)」やモダンビストロ「タワーズ」、アフタヌーンティーを楽しむことができる「ザ・ロビーラウンジ」、東京でも有数の眺望を楽しむことができる「ザ・バー」などをはじめ、様々な趣向の料理やドリンクを味わうことができます。

 
ザ・リッツ・カールトン東京のプール
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトン東京のスパ
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトン東京のスパ
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトン東京のスパ
photo by ritz-carlton.jp

ザ・リッツ・カールトンといえばスパも忘れてはいけません。最高品質の植物エキスやマリンアクティブなどを原料とした英国ESPA製品を日本ではじめて取り入れたザ・リッツ・カールトン スパ&フィットネス。
 
厳選された「ザ・リッツ・カールトン東京」でしか体験できないトリートメントをプライベートトリートメントルームにて心ゆくまでご堪能いただけます。

 
ザ・リッツ・カールトンのロゴ
photo by ritz-carlton.jp
ザ・リッツ・カールトン東京の夜景
photo by ritz-carlton.jp

東京・六本木で極上の時間を愉しむことができる「ザ・リッツ・カールトン東京」。ぜひ東京を訪れる際は滞在してみてはいかがでしょうか?

 

ザ・リッツ・カールトン東京の宿泊予約・詳細情報はこちら

 


 
この記事についたキーワード