見ているだけで楽しくなる!カラフルで美しい町並み「ボ・カープ」

スペインのフリヒリアナは白い町並み、フィレンツェは赤茶色のレンガの屋根など、世界には美しく統一された町並みが数多くありますが、なんと南アフリカにもカラフルでポップな町が存在します。見ているだけで元気が出てくるような楽しい気分にさせてくれる「ボ・カープ」をご紹介します。


photo by kapstadt-entdecken.de

ボ・カープは、南アフリカ共和国西ケープ州ケープタウンにある地区で、南アメリカにおける民族コミュニティの一つ、ケープ・マレーの文化の歴史的な中心地となっています。

 
1786540960412ba82_l
photo by upload.wikimedia.org

ボ・カープは、様々な色彩が壁に用いられた、石製の家屋が建ち並ぶストリートが有名で、一説によると、奴隷解放の喜びを表してハッピーパステルカラーに美しく塗り替えられたことからできたともいわれています。

 
1786540960b9741df_l
photo by thecoolist.com

ボ・カープでは、イスラム教の教会であるモスクも鮮やかなエメラルドグリーンに!

 
17865409626e39cfa_l
photo by sworldnews.com

お店もポップで可愛いですね!

 
1786540967491ca2b_l
photo by lonelyplanet.com

カラフルな町並みだけでなく、1760年代に建てられた貴重な博物館もある「ボ・カープ」。南アフリカに訪れる際にはぜひ足を運びたいスポットですね。

 

ケープタウンのツアー情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード