バルセロナ旅行に行くなら知っておきたい!バルセロナ観光のおすすめスポット

地中海の澄み切った青空が広がり、斬新なモデルニスモ建築が立ち並ぶ、色彩と曲線の都バルセロナ。想像力や新進の気概に富み、ピカソやダリなど多くの芸術家を育んだカタルーニャの都は、訪れる者の心にもアートと自由の風を吹き付けてくれます。そんなスペインに行ったら必見なバルセロナのおすすめ観光スポットをご紹介します。

サグラダ・ファミリア周辺

imgSacredFamily
photo by tobuws.co.jp

バルセロナで必ず行きたい必見観光スポットといえばやはりサグラダ・ファミリア。サグラダ・ファミリアはエシャンプラ地区の北東にあり、ここがバルセロナ観光のハイライト。2つの公園にはさまれた緑豊かなエリアで、周辺にはレストランやみやげ物店も多い。ランブラス通り周辺から地下鉄2号線、グラシア通り周辺からは地下鉄5号線を利用するのが便利。夜のライトアップもおすすめです。

 

グエル公園

spain 846
photo by 1tabi.com

グエル公園を中心とする市北部は小高い丘になっていて、落ち着いた雰囲気が漂う建物が並びます。隠れ家風レストランが点在し、中心部の喧噪から離れてのんびり過ごしたい人にはオススメ。アップダウンが多いので靴には気をつけましょう。

 

アシャンプラ地区

500_10621576
photo by blogs.yahoo.co.jp

アシャンプラ地区は、カタルーニャ広場から北側、グラシア通りを中心に広がるエリア。ガウディなどが手がけたモデルニスモ建築が集まっていて、グラシア通りやランブラ・デ・カタルーニャ通りには高級ブランドのショップやおしゃれカフェが多く、ショッピングにおすすめなスポットです。

 

ゴシック地区

0202b
photo by blogs.yahoo.co.jp

ゴシック地区は、旧市街の中心地にあたるカテドラル周辺のエリア。13〜15世紀に建てられたゴシック建築の貴族の館などが集まっていて、美術館や博物館など見所も多く、個性的なショップや地元民に愛されるレストランやバルも点在するエリアです。

 

バルセロネータ

o0800060012147829572
photo by blogs.yahoo.co.jp

旧市街の東側のベイエリア、バルセロネータには、ヌエバ・コシーナのレストランやショッピングセンターとアミューズメント施設が並ぶポルト・ベイなどがあり、コロンブスの塔の南側からポルト・ベイまでを結ぶ「海のランブラス」の夜景は必見!新鮮な地中海の幸も必食です。

 

旧市街

350px-Ramblabarcelona
photo by blogs.yahoo.co.jp

旧市街は、カタルーニャ広場の南側一帯で、その中心は「世界で最も美しい通り」と称されるランブラス通り。コロンブスの塔からカタルーニャ広場までの通りにはレストランやお土産屋が並び、いつも旅行者や地元の人で賑わっています。
 

モンジュイック地区


photo by kentaro3787.blog9.fc2.com

モンジュイック地区は、市街地の南部モンジュイックの丘を中心とするエリアで、美術館や博物館、スポーツ施設などが集まっています。1929年に万博会場、1992年にバルセロナオリンピックのメイン会場として使用され、バルセロナ市街と港を一望できるビュースポットでもあります。

 

新市街

NOUCAMP
photo by blogs.yahoo.co.jp

新市街は、ディアゴナル大通りを中心に広がる、市街地の北西部に位置するエリア。住宅地がほとんどで、観光の中心はペドラルベス公園の周辺。ここにガウディ作のグエル別邸や、F.C.バルセロナのホームスタジアムであるカンプ・ノウがあります。


 
この記事についたキーワード