神戸の冬の風物詩!鎮魂と希望の美しき芸術「神戸ルミナリエ」

今年で21回目を迎える関西の代表するイルミネーションの1つである「神戸ルミナリエ」。本年は日本初公開となる屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」を展示し、これまでにない迫力を感じることができるそうです。

神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエ
photo by Hideyuki KAMON

今年で21回目を迎える関西の代表するイルミネーションの1つである「神戸ルミナリエ」。
 
今年は、2015年12月4日(金)~12月13日(日)の期間中に開催されます。
 

 
神戸ルミナリエ
photo by Hideyuki KAMON

メイン会場は、旧居留地内の仲町通、および東遊園地。仲町通はガレリアと呼ばれるアーチ状の電飾で彩られ、東遊園地ではスパリエーラと呼ばれる光の壁など複数の作品が敷地を取り囲むように立てられます。
 
通りや広場を独特の幾何学模様で構成されたイルミネーションは、昼間とは異なる幻想的な風景を現出させます。

 
神戸ルミナリエ
photo by Takeshi Kuboki

神戸ルミナリエ
photo by Shoko Muraguchi

もともと神戸ルミナリエは、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催されたイベントです。
 
幻想的な光に鎮魂と希望の光を感じ、震災からの復興への祈りを捧げましょう。

 

神戸ルミナリエ
photo by Takeshi Kuboki

神戸ルミナリエ
photo by dice_sotg

神戸ルミナリエのイルミネーションの魅力と言えば、なんといっても美しいアーチ構造。
 
複数基のアーチを並べることで正面から見ると光のトンネルに見えるように設計されおり、アーチが繋がって見えるように電飾の間隔が計算されているのです。

 

photo by twitter.com


photo by twitter.com


photo by twitter.com

今年の神戸ルミナリエの作品は、日本初公開となる屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」を展示。
 
これまでのルミナリエ通りは入口の作品「フロントーネ」とその後ろに続くアーチ「ガレリア」という構成でしたが、前方から「フロントーネ」「ガレリアコペルタ」「ガレリア」という作品構成となり、これまでにない迫力を感じることができるそうです。

 

神戸ルミナリエ
photo by kimtetsu

全国屈指の人気イルミネーションである「神戸ルミナリエ」。
ぜひ今年の冬も荘厳で美しいイルミネーションを眺めに行きたいですね。

 

神戸ルミナリエの公式サイトをチェック!

 


 
この記事についたキーワード