絶対に外さない!鹿児島のお土産おすすめランキング 人気6選

鹿児島への旅行を楽しみにしている方もたくさんいらっしゃると思います。県外で「今、国内旅行をするとすればどこに行きたいですか?」と質問すれば結構「鹿児島」と答える方が多いと聞きます。理由は「食べ物がおいしそう」「温泉に入りたい」「桜島を見たい」などいろいろ答えが返ってくるそうです。 鹿児島に来たらおいしいものがたくさんあります。またお土産にも事欠かないほど豊富に取り揃えてあります。高級品からリーズナブルなお値段でのお買い物を楽しむことができる鹿児島のおすすめのお土産をランキング形式でご紹介致します。

これははずしたくない鹿児島のお土産ベスト1位「焼酎」

焼酎
photo by www.hamadasyuzou.co.jp

鹿児島焼酎
photo by matome.naver.jp

鹿児島の焼酎の銘柄は何百種類とあって、どれを選んでいいかわからないほどです。
地元でしか販売していない焼酎などもあります。また幻の焼酎といわれる値段の高い焼酎まで多くあるのですが、できれば皆さんの地元では売っていない焼酎を見つけておみやげにされるのもいいのではないでしょうか。地元でも有名な焼酎銘柄は「森伊蔵」「魔王」「伊佐美」「村尾」「佐藤」「三岳」などがありますが、これらの焼酎は地元でも手に入れるのが困難な銘柄です。

 

これははずしたくない鹿児島のお土産ベスト2位「さつま揚げ(つけあげ)」

さつまあげ
photo by www.kagoshima-yokanavi.jp

さつま揚げ詰め合わせ
photo by furusato.karen-ja.or.jp

さつま揚げは、魚のすり身に味を付け、菜種油で揚げたもので鹿児島の特産品の一つに数えられています。通常のさつま揚げは素朴な味わいですが、最近ではさつま揚げの中に色々なトッピングをして揚げたものも多いようです。色々な料理の具材にも使えるさつま揚げはどうでしょうか。

 

これははずしたくない鹿児島のお土産ベスト3位「かるかん」

かるかん
photo by mapple.net

かるかん饅頭
photo by parachiro2.exblog.jp

安政元年、島津斉彬公によって生まれた銘菓「かるかん」自然薯(天然の山芋)と米粉だけで作られる素朴な味です。その独特の風味と清廉潔白な「薩摩のこころ」が今に引き継がれています。

 

これだけははずしたくない鹿児島のお土産ベスト4位「知覧茶」

茶畑
photo by sawadaen.jp

知覧茶
photo by sawadaen.jp

鹿児島市から約一時間の位置としては南西部にあたる知覧ですが、ここは戦時中の末期特攻基地があったことで全国的にも有名だと思います。
この地で取れるお茶は、温暖な気候と桜島の火山灰による肥沃で平坦な土地を利用した、お茶栽培には恵まれた土地で品質も高く、近年は鹿児島ブランドとして販売されています。

 

これだけははずしたくない鹿児島のお土産ベスト5位「むじゃきの白熊」

無邪気店舗
photo by himazines.com

お土産白熊
photo by miner8.com

現地で食べるのもいいのですが、何とお土産用にも販売しているのです。県外でも近い人向けには、帰宅までの時間を聞いてドライアイスを入れてくれるそうです。
また、お土産用でも帰宅まで時間のかる方向けには、宅配便も受け付けています。店舗に来店した際に、宅配便をといえば申込みいただけます。

 

これだけははずしたくない鹿児島もお土産ベスト6位「薩摩切子」

薩摩切子店舗
photo by tabisuke.arukikata.co.jp

薩摩切子
photo by xn--lbr39turh1u8adlh9kf.com

幕末に始まった薩摩切子の歴史は、わずか20年で姿を消しました。しかし1985年に復元事業が始まり、今に至っておりますが、特質するべきは価格的にかなり高いという事です。「お猪口」1個が
1万円をくだらない商品です。それに付け加えてガラスの色によっても同じ商品でも値段が高いという事です。

しかし物は考えようです。それだけ高いものであれば自分の宝物としても十分価値があります。日頃のご褒美として買ってみてはいかがでしょうか。
 
SONY DSC
photo by blogs.yahoo.co.jp

紹介するお土産はたくさんあるのですが、すべてを掲載するとなればすごい数になります。ぜひ鹿児島に来てご自身の目で魅力溢れるお土産を見て周り、お買い求めください。


 
この記事についたキーワード