今一番注目の街!松江の観光スポットおすすめランキング

街のシンボルでもある松江城が国宝に指定され、今一番注目を集めている街、それが松江です。  古くから守られた武家屋敷が軒を連ね、掘割りを松並木が彩る風景は、日本の街の原風景を彷彿とさせるものです。  今回はそんな素敵な城下町・松江の観光ポットおすすめランキングをご紹介します。

松江の観光スポットおすすめランキング第1位 松江城

 
松江城天守
photo by ja.wikipedia.org
冬の松江城
photo by ftstour.com

堀尾吉晴・忠氏親子によって築かれた松江城は、国内に江戸時代から現存する天守閣を持つ12城のうちの一つ。2015年には、国宝にも指定されました。
 
「千鳥城」とも呼ばれる天守閣を訪れるのに、一番のおすすめ時期は冬の時期。屋根が白く雪に覆われると、黒い板壁と美しいコントラストを作り出します。

 

松江の観光スポットおすすめランキング第2位 嫁ヶ島

 
嫁ヶ島
photo by suitenkaku.co.jp
嫁ヶ島
photo by blog.livedoor.jp

嫁ヶ島は宍道湖に浮かぶ唯一の島で、「出雲風土記」にもその名が記されています。 
姑にいじめられて宍道湖に身投げした信心深い嫁が、一夜にして島になったという悲しい物語も伝わっています。
 
今では宍道湖きっての夕日の名所です。無料の駐車場やベンチなどもたくさん。
 
天気の良い日には宍道湖へ沈む夕日を見るために、たくさんの人が集まってきます。

 

松江の観光スポットおすすめランキング第3位 島根県立美術館

 
島根県立博物館
photo by imaonline.jp

島根県立美術館
photo by museum.or.jp

島根県立美術館は、「水と調和する美術館」として作られた美術館です。
 
宍道湖の景色に溶け込むように曲線を多用した外観は、まるで宍道湖からわき立つ波のようにも見えます。
 
美術館の前に展示されたブロンズ像「宍道湖うさぎ」は、12羽のうさぎが飛び跳ねる様子をかたどったもの。前から2番目のうさぎを西の方向に向かってなでると幸せが訪れると言われています。
 
ここから見る夕日は「日本の夕陽百選」にも選ばれており、閉館が日没30分後と日没時間に合わせて毎日閉館時間が変わります。

 

松江の観光スポットおすすめランキング第4位 塩見縄手

 
塩見縄手
photo by mmjp.or.jp
塩見縄手
photo by ja.wikipedia.org

塩見縄手は松江藩に仕えた武家屋敷。この辺り一帯は、中級武士のお屋敷が軒を連ねていたエリアです。
 
堀川沿いの松並木も、江戸時代からそのまま残されているもの。古の風情を今に伝えています。
 
白壁や長屋門が立ち並ぶこの道は「日本の道百選」にも選ばれています。

 

松江の観光スポットおすすめランキング第5位 小泉八雲旧居

 
小泉八雲旧居
photo by ja.wikipedia.org
小泉八雲旧居
photo by blogs.yahoo.co.jp

日本と松江を世界に紹介した文学者、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)。ハーンが松江に滞在中に過ごした武家屋敷が、塩見縄手にある小泉八雲旧居です。
 
広く取られた縁側は室内を明るく照らし、美しい庭はハーンもとても気に入っていたそうで、彼の文の中にも登場します。
 
ここへ立つと、ハーンが伝えたかった自然を愛する日本人の心の姿を想像できます。

 

松江の観光スポットおすすめランキング第6位 堀川巡り

 
堀川巡り
photo by matsue-horikawameguri.jp
堀川巡り
photo by katintokei.at.webry.info

松江城を囲む堀川を、船頭さんのガイドを聞きながらのんびり一周できる観光船です。 
堀端に立ち並ぶ塩見縄手の武家屋敷や松並木など、城下町の古い街並みを残した松江の街を川面からゆっくり眺めるのは、とてもぜいたくな時間ですよ。

 

松江の観光スポットおすすめランキング第7位 秋鹿なぎさ公園

 
秋鹿なぎさ公園
photo by ja.wikipedia.org
77_map2[1]
photo by bs-j.co.jp

秋鹿なぎさ公園は、道の駅ですが宍道湖の水上レジャーを楽しむ一大拠点となっています。
 
子ども連れでも楽しめるスワンボートから、本格的なヨットやカヌーまで、さまざまなスキルやシチュエーションに応えてくれるのがうれしいですね。

 


 
この記事についたキーワード