聖域の岬で400年以上愛されてきた「よしが浦温泉ランプの宿」

石川県は能登半島の先端に400年以上の長きに渡って人々に愛されてきた宿があるのをご存知ですか?「よしが浦温泉ランプの宿」は、古くからの伝統と、新しい趣向を融合させたおもてなしを提供する極上の宿。北陸新幹線の開通によりますます行きやすくなった石川県のパワースポット能登半島に佇む素晴らしい宿をご紹介します。

よしが浦温泉ランプの宿の風景
photo by lampnoyado.co.jp

よしが浦温泉ランプの宿は、石川県の能登半島最先端に位置する温泉旅館。

 
よしが浦温泉ランプの宿の館内
photo by lampnoyado.co.jp

よしが浦温泉ランプの宿の創業は天正7年(1579年)で、決して交通の便のよい場所ではないのにも関わらず、400年以上の長きに渡って人々に愛されてきました。

 
よしが浦温泉ランプの宿の料理
photo by lampnoyado.co.jp

料理は地産地消を大切にした品々の数々。能登牛や天然磯アワビ、冬期は釜ゆでズワイガニ料理が絶品です。

 
よしが浦温泉ランプの宿近くの聖域の岬
photo by lampnoyado.co.jp

ランプの宿の近くにある日本三大パワースポットの一つとされる聖域の岬から自然界のパワーを吸収する事もできてしまいます。

 
よしが浦温泉ランプの宿の風景
photo by lampnoyado.co.jp

聖域の岬で400年以上愛されてきた「よしが浦温泉ランプの宿」。
 
月光とランプの光に照らされながら、温泉に浸かり、パワーチャージしに行きたいですね。

 

よしが浦温泉ランプの宿の情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード