美しい港町「明石」の観光スポットおすすめランキング 人気7選

神戸から電車でほんの20分。歴史にも数多く登場する美しい港町。それが明石です。今回は、視覚にも味覚にも嬉しい、魅力満載な明石の街のおすすめ観光スポットをランキング形式でご紹介します。

明石の観光スポットおすすめランキング1位 明石城

明石城
photo by rekijin.com
明石城・桜
photo by hyogo-tourism.jp

明石駅を降りるとすぐ目の前に大きく広がるのが、明石城です。
 
天守閣こそありませんが、鳥が翼を広げたように並び立つ三層の櫓は、江戸時代から残された貴重なものです。
 
園内は桜の名所で、春になると1000本以上のソメイヨシノで彩られます。

 
 

明石の観光スポットおすすめランキング2位 明石市立天文科学館

IMG_2322[1][1]
photo by kameya-3400.blogspot.jp
プラネタリウム
photo by am12.jp

地元では「明石の天文台」と呼ばれて親しまれている明石市立天文科学館は、明石のシンボルです。
 
大きな時計台の真下には、日本の標準時を決める子午線が走っています。
 
館内には、天文に関わる展示やプラネタリウムもあり、中でもプラネタリウムは現役で稼働しているものの中では、日本最古のもの。一見の価値ありです。
 
時計台の上の展望台からは、淡路島と明石海峡の素晴らしいロケーションが広がります。

 

明石の観光スポットおすすめランキング3位 魚の棚商店街

魚の棚
photo by yokoso-akashi.jp
100fb5a9[1]
photo by blog.livedoor.jp

「うおんたな」と呼ばれて親しまれる魚の棚商店街は、新鮮な魚が並ぶ明石の台所。
 
それを支えているのが「昼網」と言われる独自の流通制度です。目の前に豊富な漁場が広がる明石は、採れたての魚がお昼前に水揚げされてきます。200メートルほど離れた市場で競り落とされた新鮮な魚が、そのまま魚の棚に並びます。
 
だから、魚の棚に並ぶ魚はみんなピチピチ。歩いていたら足元に跳ねた魚が飛び出してくるほど。
 
魚の棚には、そんな採れたての魚を食べさせてくれるお店もたくさんありますので、ぜひ味わってください。

 
 

明石の観光スポットおすすめランキング4位 大蔵海岸

1030_1[1]
photo by hyogo-film.jp

photo by k-kabegami.sakura.ne.jp

大蔵海岸は、明石海峡大橋が一番美しく見えるスポットと言われています。
 
JR朝霧駅から明石市役所まで海岸沿いに風光明媚な散策路が続き、最も明石らしいと思われる明石の景観「わがまちあかし十景」にも選ばれています。
 
周りには温泉やフットサル場などもあり、夏になると海水浴やバーベキューの人たちで賑わいます。

 

明石の観光スポットおすすめランキング5位 玉子焼き屋

明石焼き
photo by kenmin.machi-pla.com

明石に来たらぜひ味わっていただきたいのが、ふわふわの玉子焼きです。
 
玉子焼きは、小麦粉と卵を溶いた生地にタコを入れて焼き、あったかいお出汁に付けていただきます。
 
まるでたこ焼きのようですが、それもそのはず。明石で食べられていた玉子焼きが大阪に伝えられ、ソースで食べられるようになったのがたこ焼きなんです。
 
ゲタと呼ばれた木製の板に15個ほど乗った玉子焼きは、たこ焼きと違ってたっぷりの卵が入っている分、外はカリカリ、中はふわふわ。とても優しい味わいです。
 
明石市内には70もの玉子焼き屋さんが軒を連ね、それぞれ味を競っています。

 

明石の観光スポットおすすめランキング6位 善楽寺

善楽寺
photo by yokoso-akashi.jp
明石入道碑
photo by atelierarkmary.wordpress.com

明石は源氏物語の舞台にもなった古くからの街です。そこに登場した明石入道の浜辺の館と言われているのが、善楽寺にある戒光院です。
 
境内には、「明石入道碑」や明石城主松平忠国が建てた「光源氏古跡明石の浦の浜の松」の石碑があり、西隣の無量光寺は光源氏が月見をした寺だと言われています。
 
善楽寺円珠院には、宮本武蔵が作庭したと言われる、枯山水の美しい庭も残っています。

 

明石の観光スポットおすすめランキング7位 ジェノバライン

ジェノバライン乗り場
photo by blogs.yahoo.co.jp

ジェノバライン
photo by kobe.travel.coocan.jp

ジェノバラインは、明石港と淡路島の岩屋港を結ぶ高速船です。
 
20分ほどの船旅ですが、明石海峡大橋をくぐり抜けるスケールの大きいもの。明石海峡を通過する大きな船の間を縫うように走り抜けるのは、とても迫力がありますよ。
 
そのまま折り返して明石へ帰ってきてもいいですし、岩屋からは神戸方面へ戻るバスもありますので、そのまま神戸に抜けてもいいですね。

 


 
この記事についたキーワード