世界で唯一、世界遺産の中にある植物園「南アフリカのカーステンボッシュ植物園」

アフリカといえば乾燥した大地を想像しますが、その最南端にある南アフリカ共和国は、実は花の楽園と言われています。カーステンボッシュ植物園は、南アフリカ共和国のケープタウンの中心部から13キロほどに位置する、世界で唯一、世界遺産の中にある植物園です。テーブルマウンテンと花々の美しい絶景をご紹介します。

Pincushion Protea (Leucospermum) flowers at the Kirstenbosch National Botanical Garden in Cape Town, South Africa (December 2006).
photo by Martin Heigan

カーステンボッシュ植物園は、南アフリカ共和国のケープタウンの中心部から13キロほど、有名な世界遺産であるテーブルマウンテンの南斜面に位置する植物園。

 
kirsten-1
photo by travelinhappiness.com

南アフリカといえば乾燥した大地を想像しますが、実は多くの固有植物が生息する場所で、絶滅危惧種や他ではほとんど目にすることのできない貴重な植物約7,000種類を見ることができます。

 
Pincushion Protea (Leucospermum) flowers at the Kirstenbosch National Botanical Garden in Cape Town, South Africa (December 2006).
photo by Martin Heigan

テーブルマウンテンと花のコラボレーションは本当に美しいです。

 

photo by hankyu-travel.com

南アフリカ共和国の国花で、人の顔ほどにもなる大きさの花を咲かすキングプロテアは必見。

 
Kirstenbosch_reflections_by_Day_is_Coming-602x602
photo by travelinhappiness.com

アフリカ最南端の大都会ケープタウンから、すぐの場所にこんな自然があるなんて幸せなことなのでしょうか。

 
9317508664_91a7ab12f5_b
photo by (Paolo)

世界で唯一、世界遺産の中にある植物園「南アフリカのカーステンボッシュ植物園」。花の楽園と呼ばれる南アフリカの美しく不思議な花々を眺めに行きたいですね。

 

カーステンボッシュ植物園のツアー情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード