春夏秋冬の味を楽しむ「天橋立」のおすすめグルメ

年間約280万人が訪れる人気観光地「天橋立」。天橋立を訪れるならば美味しいグルメを楽しまない訳にはいきません。今回はそんな天橋立のおすすめグルメをご紹介します。

天橋立のおすすめグルメ

お造り盛り合わせrakudaclub.com
 

天橋立が位置する京都府北部は、「海の京都」の名のとおり、海の幸が豊富です。春夏秋冬でおすすめのグルメな海の幸をご紹介致しましょう。

 
 
 

春のグルメ イサザ

いさざの踊り食いphoto by genmyoan.com
 

丹後に春の訪れを告げる魚が、イサザです。生きたままポン酢などにつけて食べる、踊り食いがおすすめです。生きているのはちょっと・・・、という方には、火を通して、卵とじ等でお召し上りいただけます。3月末頃だけの期間限定です。
 
 
 

初夏のグルメ トリ貝

トリ貝大きさ比較 
photo by .pride-fish
 

初夏、6月~7月には、丹後とり貝はいかがでしょうか。舞鶴湾、栗田湾、宮津湾で養殖されているトリ貝は、生育期間が2年以上と長く、他地域の倍以上の大きさで、肉厚で甘く、柔らかいのが特徴です。平成20年には公益社団法人京のふるさと産品協会が認証する「京のブランド産品」に水産物で初めて認証され、また、翌21年には、特許庁の地域団体商標にも登録されています。

 
 
 
トリ貝おつくりphoto by genmyoan.com
 

丹後とり貝は京丹後、宮津、舞鶴の旅館やお料理屋さんで、5~7月上旬くらいまでお召し上りいただけます。

 
 
 

夏のグルメ 岩がき

岩がき 
photo by jalan.net
 

夏、7月中旬~8月には、手の平ほどもある大きさの岩がきがおすすめです。丹後岩がきは大粒で濃厚な味わいが特徴です。レモンをぎゅっと絞って生で、または蒸したり焼いたりと火を通してもお召し上りいただけます。

 
 
 

秋のグルメ 丹後ぐじ(アカアマダイ)

丹後ぐじ 
photo by travel.rakuten.co.jp
 

秋には、丹後ぐじ(アカアマダイ)はいかがでしょうか。ぐじは京料理には欠かせない高級魚で、上品で淡白な味わいが特徴です。平成24年には公益社団法人京のふるさと産品協会認証の「京のブランド産品」として認定されています。京丹後、宮津、舞鶴などの旅館やお料理屋さんでお召し上りいただけます。鮮魚店等でお求めいただける干物は、お土産としてもおすすめです。

 


 
この記事についたキーワード