夢千代日記の里「湯村温泉」の日帰り入浴おすすめランキング

映画やドラマにもなった「夢千代日記」の舞台として知られる、静かな温泉街。それが湯村温泉です。 自然に囲まれた山あいの温泉地は、古き良き昭和の香りを今に伝える趣のある街です。そこに沸くお湯は「美人の湯」として知られ、多くの湯治客でにぎわいます。今回はそんな風情あふれる湯村温泉を手軽に体験できる、おすすめの日帰り入浴の温泉をランキング形式でご紹介します。

湯村温泉日帰り入浴おすすめランキング第1位:リフレッシュパークゆむら

リフレッシュパークゆむら
photo by tabiseto.com
滝の湯
photo by ja-tajima.or.jp

リフレッシュパークゆむらは、湯村温泉のお湯を利用した温泉公園です。
浴場だけでなく、温水プールなども併設されています。
 
水着で入る混浴露天風呂ですので、カップルやご夫婦で行っても楽しめますね。(水着貸し出しあり)
露天風呂にある滝風呂は、本物の滝のように勢いよくお湯が落とされ、迫力満点!自然の中の温泉ですので、それだけでリフレッシュできますよ。

 

湯村温泉日帰り入浴おすすめランキング第2位:とみや旅館

とみや旅館
photo by provisionaldustbox.blog50.fc2.com
とみや露天風呂
photo by ponpare.jp

とみや旅館は、湯村の温泉街から少し外れた、緑に囲まれた静かな温泉宿です。
 
自家源泉をふんだんに利用した展望露天風呂は、開放感たっぷりです。泉質が柔らかいので、長く入っても湯あたりしにくいと言われています。
日帰り入浴でも、貸し切り風呂が利用できるのはいいですね。

 
とみや旅館の宿泊予約・詳細情報はこちら!

 

湯村温泉日帰り入浴おすすめランキング第3位:湯村温泉観光交流センター 新薬師湯

新薬師湯
photo by tajima-beef.jp
新薬師湯
photo by travel.biglobe.ne.jp

薬師湯の歴史は古く、もともとは町民が利用するための銭湯でした。かつては湯村温泉の源泉である荒湯の近くにありましたが、平成20年に市町村合併によって使われなくなった役場の跡地に新薬師湯として移転オープンしました。
 
無色透明・無味無臭のため、温泉らしさがあまりないと言われる湯村温泉ですが、湯上がりのしっとりした肌さわりはやはり良質の温泉を感じさせるものです。
それが銭湯価格で楽しめるのは嬉しいですね。

 

湯村温泉日帰り入浴おすすめランキング第4位:湯快リゾート 三好屋

三好屋
photo by blog.livedoor.jp
三好屋露天風呂
photo by travel.yahoo.co.jp

湯快リゾート 三好屋は、湯村温泉街の高台にある、湯村温泉でも最大級のホテルです。
 
森林露天風呂・伏龍の湯は、杉木立の中に作られた露天風呂です。ここへ続く93段の階段は「結びの階段」と呼ばれており、家族や恋人同士で手をつないで登って、93段目の柱に「縁の紐」を結びつけると末永い絆で結ばれると言われています。

 
湯快リゾート三好屋の宿泊予約・詳細情報はこちら!
 

湯村温泉日帰り入浴おすすめランキング第5位:七釜温泉 ゆ~らく館

ゆ~らく館
photo by 7kama.jp
ゆ~らく館
photo by www.hamasaka.com

七釜温泉 ゆ~らく館は、日帰り専門の入浴施設です。
湯量が豊富な湯村温泉では、源泉かけ流しなのがうれしいですね。
 
檜風呂と石風呂が、日替わりで女湯・男湯と入れ替わります。
もともと湯温が高い湯村の湯ですが、あがってもぽかぽかと温かく「こたついらずの湯」と呼ばれています。

 

湯村温泉日帰り入浴おすすめランキング第6位:佳泉郷 井づつや

井づつや
photo by lpet.petpet.co.jp
625d[1]
photo by lpet.petpet.co.jp

佳泉郷 井づつやは、湯村温泉の中心にある大きな旅館です。
 
日帰り入浴では、展望檜風呂か大岩風呂・露天風呂を利用できます。(男女入れ替え制)
大岩風呂・露天風呂に併設の岩盤浴が利用できるのは嬉しいですね。温泉熱で温められたパワーストーンの力で、体の中なら活性化してください。

 
佳泉郷 井づつやの宿泊予約・詳細情報はこちら!

 

湯村温泉日帰り入浴おすすめランキング第7位:伯雲亭

伯雲亭
photo by travel.yahoo.co.jp
伯雲亭
photo by www.tocoo.jp

伯雲亭は、全7室のこじんまりした温泉旅館です。
 
ご夫婦二人で切り盛りしていらっしゃる宿は、増築や改装もすべてご主人がやっていらっしゃるそうです。
そんな愛情のこもった旅館ですから、日帰り利用のお客様も大切にもてなしてくれます。
ただし、満室の時などは日帰り入浴に対応できない場合もあるようなので、事前にお問い合わせされることをおすすめします。

 
伯雲亭の宿泊予約・詳細情報はこちら!


 
この記事についたキーワード