観光客でにぎわう「大阪」のひとりでも寛げるカフェおすすめランキング

大阪といえば賑やかな街で食べるたこ焼き、お好み焼きなどが思い浮かびますよね。ですが大阪には落ち着いたオシャレなカフェもたくさんあります。今回はひとりでも素敵なひと時を過ごせる大阪のおすすめのカフェをランキング形式でご紹介します。

ひとりでくつろぐおすすめカフェ1位:MOTO COFFEE

moto coffeeの外観
photo by blogs.yahoo.co.jp

MOTO COFFEEは、北浜駅の川沿いにあるカフェです。ライオン橋のすぐそば、ライオンの像が目印です。
美味しいコーヒーの他、パンやケーキも充実しているので小腹を満たすのもいいでしょう。
 
moto coffeeからの景色
photo by tabelog.com
お天気のいい日にはテラス席がおすすめです。向こう岸には中央公会堂、川には遊覧船などの景色をゆっくり楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
 
MOTO COFFEEの口コミ・詳細情報はこちら
 
 

ひとりでくつろぐおすすめカフェ2位:スタンダードブックストア

スタンダードブックストア外観
photo by yondoku.jp
スタンダードブックストアのカフェは、心斎橋駅より徒歩7分のところにある本屋さんの中に併設されたカフェです。書店内のカフェですが完全無添加のソーセージを使ったホットドックなどフード・スイーツへのこだわりが伺えます。
 
スタンダードブックストア心斎橋カフェ内
photo by www.realosakaestate.jp
書店中の読みたい本をカフェを楽しめるのがこのお店の特徴です。そのためカフェは読書に集中している人が多く落ち着いた空間です。「本屋ですが、ベストセラーはおいてません。」のキャッチコピーの通り蔵書は流行りの本ばかりではなく、あなたの好奇心をくすぐる本が見つかるはずです。本を片手にゆっくりとくつろいでみてはいかがでしょうか?
 
 
スタンダードブックストアの口コミ・詳細情報はこちら
 
 

ひとりでくつろぐおすすめカフェ3位:Cafe ゆう 梅田店

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
photo by pomchianotes.com
Cafe ゆうは、阪急梅田駅から徒歩5分とアクセスに便利な立地にあります。
緑の外観と和モダンな店内が印象的な癒しのあふれるカフェです。
 
cafe ゆうモーニング
photo by ameblo.jp
陶芸教室がプロデュースしており器は自分で選ぶことができます。器使いの提案をしてくれるのでフード・ドリンクが美味しくなる器を試してみましょう。器だけでなくこだわりのエスプレッソマシーンがあるので美味しい一杯も頂けます。
ひとりでまったりと過ごすのもいいですが、だれかと器を選ぶワクワク感を共有するのも楽しいでしょう。
 
 
Cafe ゆう 梅田店の口コミ・詳細情報はこちら
 
 

ひとりでくつろぐおすすめカフェ4位:星霜珈琲店

星霜珈琲店外観
photo by raygass.blog4.fc2.com
星霜珈琲店は、南天満公園前の道沿いのビルの中に溶け込むようにひっそりとあります。
 
星霜珈琲店内装
photo by pancakemax.blog.fc2.com
星霜珈琲は1,2名での来店を勧めており4名以上の来店は原則できないようになっています。
内装はシンプルながらぬくもりのある落ち着い雰囲気です。ひとりでゆったりとこだわりの珈琲を味わうには最適でしょう。
大人のくつろぎの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
 
 
星霜珈琲店の口コミ・詳細情報はこちら
 
 

ひとりでくつろぐおすすめカフェ5位:ハーブカフェ SORA

ハーブカフェSORA外観
photo by ameblo.jp
ハーブカフェSORAは、梅田駅から東方向へ徒歩17分の駅、天神橋六丁目駅のあります。
一番の賑わいを見せる梅田周辺から一歩外れたこの周辺はここ最近ノスタルジックなカフェが多く静かな人気スポットです。
 
ハーブカフェSORAのスコーンとハーブティー
photo by konamonlove.blog.fc2.com
こじんまりとした店内は木の暖かさを感じるナチュラルテイストな雰囲気です。ハーブティーだけでなくハーブが使われたお菓子も頂くことができます。美味しさだけでなく栄養面にも配慮したプレートランチは見た目の可愛らしさからも人気です。普段はハーブに馴染みのない方もハーブにほっこり癒されえてみてはいかがでしょうか。
 
 
ハーブカフェSORAの口コミ・詳細情報はこちら
 
 
いかがでしたでしょうか?贅沢なひとりの時間を過ごすヒントになればと思います。大阪にはまだまだたくさんのカフェがありますのでぜひカフェ探検をしてみてください。


 
この記事についたキーワード