まるでおとぎの国?エストニアの「タリン」が可愛いらしくてとても素敵

バルト海東部のフィンランド湾に面する、可愛らしいエストニア共和国の首都「タリン」をご存知ですか?市街が世界遺産『タリン歴史地区』に指定されているこの街は、まるでおとぎの国のような雰囲気がとても魅力的な美しき観光地なんです。


photo by kauppa

タリンは、バルト海東部のフィンランド湾に面するエストニア共和国の首都。

 

photo by baltmadmc.com

タリンは、13世紀にデンマーク人によって作られた町で、エストニア語で 「デンマーク人の城」という意味。人口約42万人で、2011年の欧州文化首都であり、市街が世界遺産『タリン歴史地区』に指定されています。

 

photo by Ann Hung

中世の趣きとモダンな雰囲気が調和した、まるでおとぎ話の国のような雰囲気です。

 
dsc_47031
photo by seemegrowround

工芸が盛んで鍛冶屋も多かったタリンのお店は、センスが光るものが多く、町歩きがとても楽しいです。

 

photo by traveller.ee

壁の色合いとウィンドウディスプレイがとても素敵!

 

photo by sweruresor.se

雪の日はより一層美しさを増すタリンの街。

 

photo by Ricky Leong

実はどこでもWi-Fiを利用できる利便性も高いタリン。おとぎの国のような可愛らしい街を散歩しに行きたいですね。

 

タリンのツアー情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード