大自然の景色を堪能できる「雲仙」の観光スポットおすすめランキング

長崎県島原半島西部に位置し、雲仙普賢岳で有名な「雲仙市」(うんぜんし)。湯けむりがもくもくと地底から吹き出てし一面を覆い尽くし、白い土に覆わる地面や独特な硫黄の香りが漂っているのが特徴的な「雲仙地獄」、普賢岳や天草諸島、阿蘇まで眺めることができ絶景を楽しめる「仁田峠展望台」、日本一長い105メートルの足湯の「小浜温泉足湯・ほっとスポット105」、など雲仙で訪れたい観光スポットのおすすめランキングをご紹介いたします。

雲仙の観光スポットおすすめランキング1位「雲仙地獄」

雲仙地獄
photo by k-kabegami.sakura.ne.jp

湯けむりが地底から吹き出し、もくもくと一面を覆い尽くし、白い土に覆われている地面や硫黄の香りが独特のにおいが漂っている特徴的な光景が広がる「雲仙地獄」。

雲仙地獄
photo by altezza.sapolog.com

江戸時代にはキリシタン殉教の舞台となったところで知られており、殉職碑も建てられており、約30箇所ほどのある硫気孔にはそれぞれ「お糸地獄」「大叫喚地獄」など名称がついており、それを巡って散策する「雲仙地獄巡り」も人気です。

雲仙の観光スポットおすすめランキング2位「仁田峠展望台」

仁田峠展望台
photo by travel.biglobe.ne.jp

雲仙温泉街から車で約20分、海抜1080メートルの高さにある眺めの良い「仁田峠展望台」。

仁田峠展望台
photo by minkara.carview.co.jp

展望台からは平成2年に噴火した普賢岳の山頂に形成された「平成新山」、別名溶岩ドームから活発に噴気が上がって姿や晴れていれば有明海をはさんで、天草諸島や阿蘇、霧島まで眺めることができ、絶景です。

E Sさん(@shintxjr)が投稿した写真



展望台は二つあり、第一展望台の場所にはロープウェイ乗り場もあり、標高差約250メートルある妙見岳の上の方まで行くことができる「雲仙ロープウェイ」では絶景を眺めながらの移動で人気が高いです。

仁田峠展望台
photo by grand-touring-japan.travel.coocan.jp

春はツツジやミヤマキリシマ、夏は新緑、秋は紅葉、冬は霧氷と春夏秋冬それぞれの季節で違った風景を楽しめます。

雲仙の観光スポットおすすめランキング3位「小浜温泉足湯・ほっとスポット105」

小浜温泉足湯
photo by komei.or.jp

小浜温泉に作られている日本一長い105メートルの足湯「小浜温泉足湯・ほっとスポット105」。熱量日本一の小浜温泉では源泉温度が105度のため、その数字105にちなんで105メートルの足湯となっています。

小浜温泉足湯・ほっとスポット105
photo by onsenkyusyu.web.fc2.com

温泉の湯気を利用して高温の蒸気で好きな食べ物を蒸して食べることができる「蒸し釜」や愛犬と一緒に足湯を楽しめる「ペット足湯」、足湯の底に埋め込まれている小石の上を歩ける「ウォーキング足湯」など様々な足湯を楽しめます。また、海岸近くのため潮風やもくもくと立ち上がる湯けむりを感じつつ、朝日や夕陽を見ながら足湯を楽しめます。

雲仙の観光スポットおすすめランキング4位「橘神社」

☆さん(@bluestar.1023)が投稿した写真



長崎県雲仙市千々石町にある神社で、社殿が36,000平方メートルという広大な神域を持つ「橘神社」。みかげ石の大鳥居は九州一で年末に飾る門松は、ギネスブックにも認定されています。

@samidare0314が投稿した写真



年末年始には高さ11メートル以上ある巨大な「世界一の門松」を見ることができ、境内を含む公園は桜の名所としても有名な神社です。


 
この記事についたキーワード