異国文化が融合する「平戸」の観光スポットおすすめランキング

異国の文化と融合され独特の風景を楽しめる「長崎県平戸市」。昭和37年に平戸市が復元し、天守閣からの眺めが絶景の「平戸城」や東京ドーム6.4個分の大草原が広がる「川内峠(かわちとうげ)」、「寺院と教会の見える風景」としても有名なキリスト教会「平戸ザビエル記念教会」、約400年も近く残る、高さ約2メートル、長さ約30メートルの「オランダ塀」など、平戸で訪れたい観光スポットのおすすめランキングをご紹介いたします。

平戸の観光スポットおすすめランキング1位「平戸城」

平戸城
photo by log.livedoor.jp

平戸島北部、平戸市街の東部にある丘の上にある「平戸城」。

平戸城
photo by blog.goo.ne.jp

三方を海に囲まれ天然の堀としており、数少ない山鹿流による城郭で別名亀岡城とも呼ばれ、現在の城跡は亀岡神社の境内や亀岡公園となっています。

平戸城
photo by hiroonechan.fc2web.com

海に囲まれているため、天守閣からの眺めは絶景で、天然記念物である黒子島の原生林や平戸大橋、また平戸港や九州本土を一望できる場所でもあります。現在の平戸城は昭和37年に平戸市が復元したもので、平戸藩時代の遺品や文化財などが展示され見学する事ができます。

平戸の観光スポットおすすめランキング2位「平戸ザビエル記念教会」

平戸ザビエル記念教会
photo by seascape.blog13.fc2.com

平戸市街地の丘の上に建てられている薄緑色の建物と、屋根の一番高い部分にある十字架が印象的な「平戸ザビエル記念教会」。

平戸ザビエル記念教会
photo by ja.wikipedia.org

カトリック教会として実際も使われている場所でもあります。

平戸ザビエル記念教会
photo by seascape.blog13.fc2.com

教会脇に建てられている像は1550年のザビエル平戸来訪を記念して昭和46年に建てられ、「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂」という名称でしたが、近年、名称を変更をし「平戸ザビエル記念教会」となっています。

寺と教会の見える風景
photo by blogs.yahoo.co.jp

「平戸ザビエル記念教会」は寺院に囲まれており、ある位置から見ると「寺院と教会の見える風景」としても有名な場所でもあります。

平戸の観光スポットおすすめランキング3位「川内峠」

@ys358が投稿した写真



標高約200メートルの場所に約30ヘクタール、およそ東京ドーム6.4個分の大草原が広がる「川内峠(かわちとうげ)」。頂上から眺めるパノラマは絶景で、東に九十九島、北に松浦潟や玄海灘、遠くは壱岐や対馬などの一望を眺める事ができる観光スポットです。

平戸の観光スポットおすすめランキング4位「平戸オランダ商館」

平戸オランダ商館
photo by blog.livedoor.jp

日本初「西洋の石造建造物」とされる「1639年築造倉庫」を忠実に復元し、2011年にオープンした資料館である「平戸オランダ商館」。当時の貿易に関する史料や貿易品などが展示されており、1609年オランダ船が入港してから長崎出島に移転するまでの約33年間、当時、日本で唯一のオランダ貿易港として賑わった場所について学ぶことができます。

平戸の観光スポットおすすめランキング5位「オランダ塀」

y.tさん(@youkoot)が投稿した写真



約400年も近く残る、高さ2メートル、長さ30メートル程の「オランダ塀」は、当時オランダ商館や倉庫、火薬庫など目隠ししたり、延焼などから守る為に作られた物です。砂石を平積みし、その上に貝殻と石炭を混ぜた漆喰らしき物を塗って塀になっています。オランダ商館前に一部残る所から山手に登る石段の坂道に沿って「オランダ塀」を楽しめます。


 
この記事についたキーワード