九州北部玄界灘に浮かぶ「壱岐」の観光スポットおすすめランキング

長崎県壱岐市は九州北部玄界灘に浮かぶ島で、博多港より高速船で約70分で着き、夏は海水浴や釣りなどで賑わいます。自然が作り出した猿そっくりの横顔を持つ「猿岩」や指定特別史跡「原の辻遺跡」を見下ろす山頂に建ち「魏志倭人伝」の世界を垣間見れる「一支国博物館」、日本の水浴場88選や日本の渚百選に選ばれており、美しいビーチで知られている「筒城浜海水浴場」など、壱岐で訪れたい観光スポットのおすすめランキングをご紹介いたします。

壱岐の観光スポットおすすめランキング1位「猿岩」

猿岩
photo by blog.livedoor.jp

壱岐市郷ノ浦町の黒崎半島の先端にある「猿岩」。

猿岩
photo by www.ikishi.sakura.ne.jp

高さ45メートルの海蝕崖にある玄武岩で駐車場から見ると自然が作り出した猿そっくりの横顔で壱岐の観光名所として人気のスポットです。

猿岩
photo by blog.goo.ne.jp

じっくり見ても本当に猿の様な形をしており、雑草の生え方がうまい具合に猿の毛が生えているように見えたり、鼻の位置など絶妙なぐらい猿に似ている岩です。駐車場脇にある壱岐市のアンテナショップ「お猿のかご屋」も寄ってみる価値ありです。

壱岐の観光スポットおすすめランキング2位「一支国博物館」

一支国博物館
photo by www.nikkeibp.co.jp

「壱岐市立一支国博物館」は、国指定特別史跡「原の辻遺跡(はるのつじいせき)」を
見下ろす山頂に建っている博物館で、「長崎県埋蔵文化財センター」も併設されています。

一支国博物館
photo by blogs.yahoo.co.jp

近代的でありながら屋上には緑がある周りに馴染むデザインとなっており屋上からの眺めも見所です。

一支国博物館
photo by maikonohama.la.coocan.jp

展示資料約2000点のうち、100点の資料に実際触れたり、ジオラマで魏志倭人伝の世界を垣間見れる貴重な展示物を見学でき弥生時代以降の古代日本を知ることができます。

壱岐の観光スポットおすすめランキング3位「男岳神社石猿群」



壱岐芦辺港から車で約10分、芦辺町北部にある標高147メートルの男岳(おんたけ)にある「男岳神社石猿群」。駐車場から約250メートル登った場所に社殿があり、奉納された200体以上もの石猿を見ることができます。この神社で祭られている神様が猿田彦命(さるたひこのみこと)で祈願成就に石猿を奉納する習慣があり、最初は牛の健康や繁殖を祈願して石牛が奉納されていたため、牛の石像も多いです。境内に設置されている展望台からは芦辺港や男女岳ダムなどを眺める事ができ、良い景色を見ることができます。

壱岐の観光スポットおすすめランキング4位「鬼の足跡」


郷ノ浦港から車で15分、郷ノ浦町西側、牧崎の先端にある「鬼の足跡」。玄武岩が自然の浸食によって数十メートルの大穴を開け、その形が鬼の足跡と呼ばれています。断崖絶壁の「蛇ケ谷」という名前で近くの絶壁も知られており青い海と緑の草原が「鬼の足跡」をより美しく魅せてくれる観光スポットです。

壱岐の観光スポットおすすめランキング5位「筒城浜海水浴場」

たすけさん(@tasuke37)が投稿した写真



日本の水浴場88選や日本の渚百選に選ばれており、美しいビーチで知られている「筒城浜海水浴場」。

筒城浜海水浴場
photo by blog.goo.ne.jp

白い砂浜が約600メートルも続き、きれいな海を頼ん能できるため、夏は壱岐で一番賑わうスポットでもあります。


 
この記事についたキーワード