日本三代美肌の湯「嬉野温泉」で有名な「嬉野」の観光スポットおすすめランキング

日本三代美肌の湯と言われる「嬉野温泉」で有名な「佐賀県嬉野市(うれしのし)」。美肌の神様として知られている「なまず社」が境内にあり、竜宮城の乙姫様である豊玉姫が祀られている「豊玉姫神社」、滝の高さ11メートルで三段滝が平坦部にできている珍しい滝の「轟の滝」、大正・昭和を実際に志田焼の焼き物工場として使われていた場所が博物館になっている「志田焼の里博物館」など、今回は温泉以外に立ち寄りたい嬉野の観光スポットのおすすめランキングをご紹介いたします。

嬉野の観光スポットおすすめランキング1位「豊玉姫神社」

豊玉姫神社
photo by drive-kyuusyuu.blog.jp

嬉野温泉街の中心部にある「豊玉姫神社」には、竜宮城の乙姫様でもあり、海の神(わたつみ)の娘でもある豊玉姫が祀られています。大変美しく、富と権力、子孫繁栄、水の恵みをつかさどる神であり言われています。

豊玉姫神社
photo by drive-kyuusyuu.blog.jp

その豊玉姫の使いとされるのが大なまずであり「なまず様」を祀った「なまず社」があり、美肌の神様として知られており白なまずに水をかけて祈願するとご利益があるとされています。

豊玉姫神社
photo by drive-kyuusyuu.blog.jp

嬉野の観光スポットおすすめランキング2位「轟の滝」

轟の滝
photo by hiroonechan.fc2web.com

嬉野温泉街から南の長崎方面へ約1キロメートルほど行った嬉野川の上流、塩田川と岩屋川内(いわやがわち)川との合流近くにあるの滝です。

轟の滝
photo by hiroonechan.fc2web.com

滝の高さ11メートルで三段からなり、滝壺の面積は2500平方メートルもある平坦部にできた珍しい滝でもあり、滝周辺は「轟の滝公園」となっています。滝の下流にある滝見橋は、滝を眺める絶好のポイントで春には桜が咲き誇る場所でもあります。

嬉野の観光スポットおすすめランキング3位「志田焼の里博物館」

@natsu_godessが投稿した写真



大正9年から昭和59年まで使われていた志田焼の焼き物工場が博物館になっている「志田焼の里博物館」。大正・昭和初期の雰囲気を感じながら、陶磁器の作られる全工程が見学でき、中でも国内最大級の石灰窯は見物です。陶土作りから本焼きまでの過程を知ることができる珍しい施設ですので、陶器に興味のある人にはおすすめです。

Kimihiro Mineさん(@minegram)が投稿した写真



ロクロ体験や絵付け体験も有料ですが楽しむことができます。また近くに「志田焼資料館」もあり、無料で見学することができます。陶器に興味がある方にはお勧めです。

嬉野の観光スポットおすすめランキング4位「シーボルトの足湯」



日本三代美肌の湯と言われる「嬉野温泉」の中心街にある「シーボルトの足湯」。西洋医学の発展に貢献したシーボルトさんが江戸時代に立ち寄ったと言われる無料で入れる足湯です。商店街の一角にあり、足のむくみ・痛みなどを和らげるとの効能で、泉質は無色透明で、少しとろみがある湯で無料です。気軽に入れてオススメです。

嬉野の観光スポットおすすめランキング5位「塩田津」

塩田津
photo by japan-web-magazine.com

近年「職人のまち」として注目されている「塩田津」は、長崎と小倉を結ぶ長崎街道の宿場町や物資を運ぶ川港としてとして栄えた場所です。現在「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されており、白壁の街並みが印象に残る観光スポットです。

塩田津
photo by ja.wikipedia.org

旧街道宿場町の面影を残す古い建物と、近代的な建物で構成された街並みが独特の風景を生んで楽しめます。


 
この記事についたキーワード