まるでタイムスリップ?魅惑の「イタリア」の観光名所おすすめランキング

イタリアと言えば、世界遺産保有数が世界一の国です。 高校時代に世界史の教科書で見かけた観光スポットに出会えることもしばしば。 事前に、観光スポットの歴史を調べておきましょう! きっと、イタリア滞在をさらに楽しむことができます。 そこで、ツアーで一気にめぐることも可能な、イタリア旅行におすすめの観光名所をランキング形式で紹介します!

5位:神秘的な自然の風景!青の洞窟

photo by wikipedia

 

青の洞窟は、イタリア南部のカプリ島にある海食洞です。

手漕ぎの小船で入っていくと、紺碧の光の幻想的な風景を楽しむことができます。

 

ローマ時代、個人的なプールや入浴のためのために、ローマ皇帝が使っていたとも言われています。

 

皇帝が青の洞窟でどのような娯楽に興じていたのか想像ながら見学するのも楽しいですね。

 

4位:バロック様式の傑作!トレヴィの泉

photo by Eepedia

 

トレヴィの泉は、イタリアで最も有名な観光地ローマにある、バロック時代に作られた人口の泉。

もともとは、古代ローマ時代に、皇帝アウグストゥスの命により作られたとのこと。

 

photo by wikipedia

 

現在のトレヴィの泉は、場所を変えて1762年に完成したものです。

後ろ向きにコインを投げると願いが叶うという言い伝えは有名ですね。

 

第3位:ファッションの最先端!ミラノの「ガッレリア」

photo by wikipedia

 

ミラノは、「ミラノ・コレクション」でも知られるイタリアのファッションの最先端のエリア。

 

その発信地でもあるアーケード街「ガッレリア」は、イタリア国王の初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世にちなんで名づけられた由緒ある場所です。

 

プラダ本店に代表される高級ブランド店からお洒落な小物屋さん、そして高級ホテルなど、様々な種類のお店や設備が入っています。

 

photo by wikipedia

 

いまでこそ日本で巨大ショッピングモールは当たり前になりました。

その先駆けとなる「ガッレリア」でウィンドウショッピングをするだけでも歴史と最新ファッションを同時に満喫できます。

 

第2位:ヴェネチアの象徴!カナル・グランデ

photo by wikipedia

 

イタリアの水の都と呼ばれるヴェネチア

そこで最も目を引くのが町を網羅する運河カナル・グランデです。

 

観光者向けのゴンドラや、公共水上バスのヴァポレットでクルーズすると、美しい橋や教会などを水上で見ることができます。

 

公共水上バスで、ルキノ・ヴィスコンティの映画『ヴェニスに死す』で有名なリード島に足をのばすことも可能。

 

Map by wikipedia

 

また、運河の周りには、ヴェネチアのカーニバルで使われる猫のマスクのお店が数多くあり、猫好きにはたまらない空間です。

 

周辺のホテルに宿泊すると、たくさんの猫がお出迎えしてくれるというサプライズがあることも。

 

第1位:ファンタジーのような空間!アルベロベッロ

photo by wikipedia

 

イタリアと言えば、ローマ、ミラノ、ヴェネチアが有名ですが、注目度が一気に上がっているのがアルベロベッロです。

 

南イタリアのプッリャ州バーリにあるコムーネ(基礎自治体)で、「トゥルッロ」と呼ばれる伝統的な家屋が残されている点が特徴的です。

 

photo by wikipedia

 

定住のはじまりは16世紀までさかのぼり、入手しやすい石灰岩を使って三角屋根の住居が作られるようになったとのこと。

3大都市とは異なる歴史の流れを感じ取ることができます。

 

日本人にも馴染み深いイタリアの歴史

日本では、映画『テルマエ・ロマエ』が大ヒットしたことで、イタリアのローマ時代に興味を持つ人が増えているようです。

 

photo by eiga.com

 

かつては、日本とイタリアは、完全に外国という距離がありましたが、「お風呂」のように共通の文化があるという親近感を抱く人も増えたのでは。

 

イタリアを旅すると、阿部寛さん演じる『テルマエ・ロマエ』の主人公の浴場設計師のルシウスに、ちょっと近づいた気持になれるかもしれませんね。

 


 
この記事についたキーワード