悠久の歴史を感じる美しき青で彩られたウズベキスタンの古都「サマルカンド」

サマルカンドブルーと呼ばれる美しき青色が特徴のウズベキスタンの古都「サマルカンド」をご存知ですか?シルクロードの中心都市として紀元前から繁栄を誇った、思わず心が奪われる美しき青い街をご紹介します。


photo by Liam Roberts

サマルカンドは、中央アジアはウズベキスタン、アムダリヤ川の支流であるザラフシャン川河岸に位置するウズベキスタンの古都。

 

photo by en.wikipedia.org

サマルカンドは、紀元前10世紀頃からシルクロードの中心都市として繁栄を誇っており、1220年にモンゴル軍の攻撃で町は壊滅したものの、14世紀になるとティムール朝の建国者のティムールによって、現在のような”青の都”サマルカンドが生まれました。

 

photo by upload.wikimedia.org

こちらは、サマルカンドの中心に位置するレギスタン広場。チンギス・ハーンの襲来以後、街の中心だったらアフラシアブが壊滅状態になったことから、レギスタンが新しい街の中心になりました。

 

photo by camel76.files.wordpress.com

ティムールが好んだトルコ石色の青は、後代の君主たちもそれに習ったことで、今でもサマルカンドを印象づける色になっています。

 

photo by visit-uzbekistan.com

思わず心を奪われる美しき青色です。

 


 
この記事についたキーワード