青い海、白いサンゴ礁の癒しの空間を満喫する「慶良間諸島」でのダイビング

沖縄ダイビングのメジャースポットの一つを取り上げるならば、まず第一は、慶良間の海。 。季節を問わず、何度でも行ってみたくなる、初心者から上級者まで満足させてくれる懐の深い海です。特に抜群のアクセスの良さと、海洋状況に応じて様々なダイビングやアクティビティのアレンジが可能な慶良間の海でのダイビングの魅力をご紹介いたします。

momokai慶良間ビーチ
photo by momokai
慶良間諸島は沖縄県に点在する世界有数のサンゴ礁を有するダイバー垂涎の場所で、白いサンゴ礁が続き夢のような美しいビーチが特徴的な処です。
特に阿嘉島のニシバマビーチの美しさは言葉に尽くせません。
 
初めての慶良間諸島訪問なら是非、阿嘉島や渡嘉敷に数多く点在するペンションや民宿に滞在してください。
なぜならば、地図を見ていただければ如何にダイビングスポットが数多く点在しているか判っていただけると思います。
 
島に滞在する事は、すなわちその日の海況で一番楽しめる場所に最も早く行けるという事になるからです。
 
momokai慶良間
photo by momokai
慶良間諸島を楽しむの為には、慶良間の島に滞在するか、那覇周辺に泊まり毎日各スポットに移動するパターンがあります。
どちらにも利点と欠点がありますが、アフターダイビングの過ごし方や滞在時間、訪問する季節を考慮して決定すれば良いでしょう。
 
島滞在の利点は、最もダイビングポイントに到着できるので、その日一番の海を冒険できる事が最大の利点になります。
魚たちも侵入者に慣れてはいますが、やはり、一番の海に出てみれば、見られる魚の種類が格段に違ってきます。
 
島滞在の欠点を強いてあげれば、設備の整ったホテルや民宿、レジャースポットが少なく、アフターダイビングの過ごし方にも限りがある点です。
 

momokai大かます
photo by momokai
momokaiぎんがめ
photo by momokai
momokai
photo by momokai
momokaiダルマおこぜ
photo by momokai
こちらでのダイビングスタイルは、ボートダイビングやスキンダイビングで白いサンゴ礁をのんびり眺めて楽しむという事がメインになります。
 
そして、時にはボートで遠征して外洋に面したダイナミックな地形を楽しむことも出来ます。ロウニンアジや運が良ければマンタの目撃もできるかもしれません。
 
momokaiサンゴ礁2
photo by momokai
慶良間の海2
photo by momokai
momokaサンゴ礁1
photo by momokai
momokaiクマノミ
photo by momokai
南の海のアイドルで誰が見ても大好きなクマノミとの出会いも幸せの度合いを上げてくれます。沖縄地方には、5種類のクマノミが生息しており、その全種類の写真
を写すことも楽しいかもしれません。
 
ダイバーにとってたくさんの魚に触れ合うのは最高の幸せです。手にした餌をカラフルな魚が食べてくれる、そんな体験も出来ます。
 
momokai魚の餌付け
photo by momokai
島滞在の最大の魅力は、夜空の星と早朝のビーチの眺めです。
素朴な島の暮らしに触れる事も沖縄という場所を体験出来る貴重な時間になるでしょう。
 
慶良間諸島滞在ならば、阿嘉島にあるシードルンというペンションをお勧めします。お勧めのポイントは、港に最も近く移動が楽な点と、オーナーのお人柄にあります。
 
シードルンの詳細情報はこちら
 
4月の下旬に島に滞在するとハーリーという独特の装飾を施した船のお祭りの準備風景や実際のレースを見る事が出来ます。
 
momokaiハーリー船
photo by momokai
静かなゆったりとした時間の流れを楽しみ日常の疲れを癒してはいかがでしょうか?
賑やかな夜の時間を過ごしたい方や、天候不順な季節の場合は、那覇近郊に宿泊して慶良間諸島へのアクセスをしているダイビングサービスの利用がお勧めです。
 
沖縄・慶良間諸島ダイビングツアー情報はこちらから


 
この記事についたキーワード