グルジアが誇る秘境。まるで天に昇っていくかのような天空の教会「ツミンダ・サメバ教会」

グルジアのロシア国境付近の村に位置する、まるで天に昇っていくかのような天空の教会「ツミンダ・サメバ教会」をご存知ですか?かのロシアの文豪プーシキンも絶賛した、限りなく天に近いと言われる美しき教会をご紹介します。

ツミンダ・サメバ教会
photo by southcaucasian-odyssey

ツミンダ・サメバ教会は、世界最古のワインの生産地として有名なグルジアのロシア国境近くのカズベキ村に位置する山の上の教会。

 
ツミンダ・サメバ教会
photo by Eric Treb

ツミンダ・サメバ教会は、14世紀に標高2170mのクヴェミムタ山の山頂に建てられたグルジア正教の教会で、ロシアの文豪プーシキンが此処を訪れた際に”日の光に照らされ、まるで雲に支えられて空中に浮かんでいるように見えた”と美しさを詩に残してたことから有名になりました。

 
ツミンダ・サメバ教会
photo by Drew

教会を見上げながら少しずつ近づいて行くことで、なにやら天に近づいて行く気がしてきます。

 
ツミンダ・サメバ教会
photo by Drew

周辺も大変美しい景色で心が洗われていくよう。

 
ツミンダ・サメバ教会
photo by Levan Gokadze

これがツミンダ・サメバ教会。14世紀から続く歴史を感じます。

 
ツミンダ・サメバ教会
photo by southcaucasian-odyssey

グルジアのもっとも天国に近い教会である「ツミンダ・サメバ教会」。ぜひ死ぬまでに訪れてみたい秘境の教会ですね。

 

ツミンダ・サメバ教会のツアー情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード