ニース随一の伝統と格式、ユニークネスを持ち合わせるリゾートホテル「ル・ネグレスコ」

フランスのリゾート地コートダジュールにある「ル・ネグレスコ」は、伝統と格式、そしてユニークさが見事に同居しているリゾートホテルです。ミシュラン2つ星のレストランや数多の芸術作品をはじめ、お一人様から子連れのバカンスまで多様なライフスタイルを楽しむことができます。

ル・ネグレスコ Hotel Negresco

ル・ネグレスコの外観
photo by carlosmeliablog.com

「ル・ネグレスコ」は、フランスのコートダジュール地方ニースにあるリゾートホテルです。

 
ル・ネグレスコの昔の風景画
photo by hotel-negresco-nice.com

プロムナード・デ・ザングレに位置し、美しいパームツリーに囲まれて建つ「ル・ネグレスコ」は、1913年に開業し、アンリ・ネグレスコがデザインしたこのホテルは 、ポルトガル王妃アメリ、パリ伯、ウラジミールとディミトリ皇子などの世界の著名人を魅了し、コート・ダジュールの歴史に欠かせないホテルです。彫刻を施した美しい白壁にピンクのドームを配した宮殿のような外観をし、エンジェル湾に面した国定史跡になっています。ロビーは豪華なシャンデリアや調度品で装飾されエレガントな雰囲気を醸し出しています。

 
ル・ネグレスコの芸術作品
photo by hotel-negresco-nice.com

「ル・ネグレスコ」は美術愛好家であるオーナー、ジャン・オジエが収集した美術館並みのコレクションを展示しています。6000点以上の芸術作品を揃えており、サロン・ベルサイユには、ベルサイユ宮殿やルーブル美術館でも見られるルイ14世の肖像画もあります。ホテルの芸術品に感銘を受け、近隣の美術館などを訪れるのもいいでしょう。

 
ル・ネグレスコのポンバドゥール・スイートの室内
photo by hotel-negresco-nice.com

こちらはポンバドゥール・スイートのお部屋。ルイ15世お気に入りの公妾ポンバドゥール夫人へのオマージュであり、クラシカルな印象で、壁の絵が印象的ですね。
客室は117部屋あり、部屋毎に違った装飾がされており、アンティークスタイルの家具で装飾されています。
室内設備として、室温調節器、エアコン、薄型テレビ、デスク、無料のインターネットアスセス、新聞、電話、室内金庫、ミニバー、スリッパ、アイロンが揃っています。毎日のハウスキーピングと毎晩の就寝用ベッドメイキングが利用できます。

 
ル・ネグレスコのラグジュアリー・スイートからの景色
photo by hotel-negresco-nice.com

こちらはラグジュアリー・スイートからの景色。きらめく海をのぞむバルコニーが完備され、ニースに来たことを実感させてくれる素晴らしい景色ですね。
要望に応じて客室内でのマッサージサービスもあります。素晴らしい景色を眺めながらのマッサージは至福のひとときになるでしょう。

 
バスルーム
photo by hotel-negresco-nice.com

広々としたバスルームには、ヒーター付きタオルラックやロジェガレのパフュームが用意されています。シャワーと深めの浴槽が備え付けられていますので、ゆったりバスタイムを過ごすことができます。その他、バスローブ、ヘアドライヤー、デザイナーバスアメニティ、ビデがついています。

 
2月のカーニバルの風景
photo by hotel-negresco-nice.com

このホテルにお子様連れで宿泊しても安心です。
ベビーシッターサービスがありますので、親御さんはその間大人の滞在をすることが可能なのです。
2月のカーニバルのシーズンは特に子供にとっても印象的な思い出になるでしょう。

 
ル・ネグレスコでの結婚式
photo by hotel-negresco-nice.com

ル・ネグレスコは、もちろんそこへの宿泊を目的としても構いません。
しかしそれ以外にも、セミナーや会議、結婚式にも使うことが出来ます。イベント施設にはボールルーム、展示場、会議室、バンケット設備があります。

 
ル・ネグレスコのレストラン・ル・シャントクレール
photo by hotel-negresco-nice.com

ホテル内には、ニースでもっとも有名なレストランのひとつ、「ル・シャントクレール」が。ミシュランで2つ星を獲得したレストランでは、食事はもちろん、1万5000本以上そろっているワインや室内装飾を楽しむことが出来ます。アラカルト料理よコース料理が提供されます。また、テイスティングメニューも利用することができます。レジェンシースタイルの装飾品と、18世紀の木材工芸が、見事な料理をさらに引き立てます。毎日ランチタイムとディナータイムの営業となります。
また、18世紀の回転木馬があり、おとぎの国にやってきたような雰囲気を持つビヤホールスタイルのレストラン「ロトンド」もあります。朝食ビュッフェやアフタヌーンティー、ケーキ、アラカルトメニューをお楽しみいただけます。気候のいい季節には、遊歩道や海の見える外のテラス席も利用できます。

 
ホテルのバー
photo by hotel-negresco-nice.com

「ル・ルレ」はクルミ材の鏡板とベルベットのアームチェアが目をひく英国スタイルのバーです。抑え気味の照明の中には、有名な肖像画やタペストリーが飾られています。飲み物のみの提供となっていますが、毎晩ピアノの弾き語りがあるので、ピアノを聴きながら過ごすのもおすすめです。

 
ビーチ
photo by tripadvisor.jp

ホテル付属の小さなフィットネス施設が1階にあります。
また、ラウンジチェアーとパラソルを配したペブリービーチのプライベートセクション「ル・ネプチューン」を利用することができ、様々なウォータースポーツも楽しむことができます。チェアーでのんびり日光浴もいいでしょう。

 
マセナ美術館
photo by travelbook.co.jp

ホテルのすぐ隣にあるマセナ美術館。美しい緑と庭園に囲まれた美術館です。春になるとヤシとお花の風景が楽しめるエリアになっています。美術館はベルエポック建築となっており、テラスや柱などがとても優雅です。館内は宮殿のようなつくりで、とても古いニースのポスターやナポレオンの絵、彫刻などが飾られています。
入場は無料で、気軽に立ち寄れる美術館になっていますので、ぜひ足を運んでみるのもおすすめです。

 
プロムナード・デ・ザングレ
photo by expedia.co.jp

ホテルの目の前のプロムナード・デ・ザングレは、海の青が目に染みるニースの海岸線に沿って走る賑やかな通路で、全長5㎞にわたって舗装されており、片側には小石の広がるビーチと青い海、反対側には道路を挟んでカフェやレストラン、高級ホテル軒をつらねています。
朝は遊歩道をジョギングする人やローラースケートで通り過ぎる人、日中は家族連れや観光客がビーチとカフェを行き来したり、夜はロマンティックな散策を楽しむのに最適です。
ビーチに行くのもいいですし、気持ちのいい青空の下、ショッピングをしながら散歩したりカフェで休憩したりと、様々な過ごし方ができるのではないでしょうか。

 
ル・ネグレスコの部屋から眺める夕焼け
photo by carlosmeliablog.com

レストラン以外にも、バーやユニークなブラッスリーもありますので、思い思いの滞在をすることが可能です。ぜひニースでのバカンスの選択肢に「ル・ネグレスコ」を入れてみてはいかがでしょうか?
サービス・設備:コンシェルジュサービス
        係員付きパーキング(有料)
        リムジンサービス
        ツアー・チケット案内
        ドライクリーニング/ランドリーサービス
        ロビーに新聞
        ウェディングサービス
        ATM/銀行
        ビジネスセンター
        ベビーシッター
        ギフトショップ
        多言語対応スタッフ
ニース駅から約1.5㎞
ニース・コートダジュール国際空港から約7㎞

 

ル・ネグレスコの予約・詳細情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード