ここが日本!?洞窟の聖地「沖永良部島」でのケイビングの魅力とは

九州本島から南へ552km、鹿児島県大島郡に属し、奄美群島の南西部に位置する「沖永良部島(おきのえらぶしま)」。「洞窟の聖地」として、国内のみならず海外のケイバーからも人気が高いケイビングスポットがそこにありました。

鹿児島県大島郡「沖永良部島」

105122
photo by facebook.com

12779140_1071434736211362_7320328176461005581_o
photo by facebook.com

九州本島から南へ552km、鹿児島県大島郡に属し、奄美群島の南西部に位置する「沖永良部島(おきのえらぶしま)」。
 
沖永良部島は、サンゴが隆起したことで生まれた島で、総延長日本第2位の洞窟大山水鏡洞をはじめ、大小約200から300の洞窟が存在し、「洞窟の聖地」として、国内のみならず海外のケイバーからも人気が高いケイビングスポットです。
 
10413_1042891589065677_4607446196261629676_n
photo by facebook.com


photo by facebook.com

1935296_1041930775828425_7043878314816712199_n
photo by facebook.com


photo by facebook.com
「ケイビング」というアウトドアスポーツに馴染みがない方も多いかもしれません。
 
日本では洞窟自体の多さに比べて、まだそれほどポピュラーではないケイビングですが、匍匐前進で狭い空間をくぐり抜けたり、水に浸かりながらも探検していき絶景に出会うこのアクティビティは、一度体験するとハマること間違いなしです。
 
12108800_1009715099049993_1337649625666242038_n
photo by facebook.com

12764710_1071433232878179_7089195881911629003_o
photo by facebook.com

気になる沖永良部島のケイビングツアーコースは、希少価値の高い種類の鍾乳石や、土器や化石などを眺めることができる「リムスートン」、迷路のようなコースで探検を楽しむ「大蛇洞」、ワンランク上の探検に挑む「水連洞」、そして過酷な道程を乗り越えた者だけが見れる絶景と出会うことができる「銀水洞」と難易度に応じたケイビングを楽しむことができます。
 
105134
photo by facebook.com

世界も絶賛する沖永良部島でのケイビング。ぜひ一度絶景を探しに探検に出かけたいですね。

沖永良部島ケイビングガイド連盟の公式サイトはこちら


 
この記事についたキーワード