桃太郎で有名な「岡山県」の観光がてらにいける日帰り温泉おすすめランキング

桃太郎でも有名な「岡山県」は最近では倉敷の美観地区など、観光地もたくさん増えています。 岡山県は意外にも温泉もたくさんあって、美作三湯といわれる湯郷温泉、湯原温泉、奥津温泉という西日本有数の温泉地も存在します。 今回は観光がてらにさくっといける「岡山県」のおすすめ日帰り温泉をランキング形式で紹介します。

第1位 湯郷温泉

湯郷鷺温泉館 外観
photo by jalan.net
 
大阪から中国道で約90分、美作I.Cを降りて約10分のところにあるのが、「湯郷温泉」です。
美作三湯の1つ「湯郷温泉」は素朴な町の中に大型温泉旅館が点在しており、泉質は美作三湯の中では珍しい塩化物泉で、わずかな塩味と硫黄臭が特徴です。
 
湯郷温泉の総元湯の「湯郷鷺温泉館」は、その昔、円仁法師が傷を負った一羽の鷺がこの温泉で傷を癒しているのを見たと言われ、別名「鷺の湯」とも言われます。
 
湯郷鷺温泉館 お風呂
photo by jalan.net
 
湯郷鷺温泉館にはヒノキの大浴場のある動の湯、石造りの静の湯、そして家族風呂も5つあり、家族風呂には露天風呂付、身障者用、ジャグジーもあります。
湯上りのは保温性があり、つるつるの肌になる美肌の湯としても評判です。
 
湯郷鷺温泉 療養場
photo by hagicombat.blogspot.jp
 
湯郷鷺温泉館には姉妹温泉として、湯郷鷺温泉館療養場もあり、明治以来湯治場として、アトピー、胃腸病、婦人病、リュウマチ、神経病などによく効能があある治療湯としても親しまれています。
 
湯郷鷺温泉館
住所:岡山県美作市湯郷595-1
電話:0868-72-0279
 
日帰り入浴
料金:大人600円、小人400円
営業時間:8:00~22:00
 
湯郷鷺温泉館の詳細情報はこちら
 
 

第2位 湯原温泉

湯原温泉 砂湯
photo by okayama-kanko.jp
 
岡山県真庭市にある美作三湯の1つ「湯原温泉」は自噴する温泉が数多く存在します。
その中でも全国露天風呂番付の西の横綱としてランクしているのが「砂湯」という雄大なダムを背景に、川床から湧く天然の露天風呂になっています。
 
泉質はアルカリ性単純温泉で、胃腸病や神経痛に効果があります。
「砂湯」には3つの湯があり、泉温の低い順から「美人の湯」「子宝の湯」「長寿の湯」と分かれています。
 
湯浴み着レンタル
photo by yubara.com
 
また「砂湯」は混浴露天風呂のため、女性の方でも気軽に入浴出来るように、「はんざきちゃん湯浴み着」というものがあります。
 
これは湯原温泉の女将とワコール共同開発でお湯に濡れても透けないし、身体にも張り付かない。そして体型もわからないという優れものです。
日帰り入浴の方も2000円でレンタルできる画期的な湯浴み着で、女性も安心ですね。
 
湯原温泉 砂湯
住所:岡山県真庭市湯原温泉
 
日帰り入浴
料金:無料
営業時間:24時間
 
湯原温泉砂湯の詳細情報はこちら
 
 

第3位 鷲羽温泉

鷲羽温泉
photo by jalan.net
 
倉敷市南部、鷲羽山の麓に建つホテル「備前屋甲子」に湧く温泉が「鷲羽温泉」です。
 
薄浅葱色の炭酸水素塩泉で、アルカリ性の泉質は傷や火傷の回復にもよく、また重曹成分が皮膚の表面を柔らかくするのと同時に脂肪分や分泌物を洗い流すため、肌がつるつるとなり、美人の湯としても名高いです。
 
鷲羽温泉 温泉
photo by bizenya-koshi.com
 
温泉は趣向のことなる5つのお風呂があり、露天風呂や窓からは東には瀬戸大橋、西には水島灘が一望でき、眺望も見事です。
 
ゆっくりとお風呂につかれば波の音も聞こえ、露天風呂「汐騒の湯」からの見える夕日は「日本の夕陽百選」にも選ばれていますので、心身ともにリラックスできます。
 
鷲羽温泉 貸切風呂
photo by jalan.net
 
また、日帰り入浴でも貸切風呂が50分3500円で利用することができますので、カップルやファミリーもゆったりと時間を過ごすことができます。
 
鷲羽山は瀬戸内海や瀬戸大橋を一望できる景勝地になっているので、鷲羽温泉は海と山の両方の自然を満喫できる贅沢な温泉地となっています。
 
鷲羽温泉 鷲羽グランドホテル 備前屋甲子
住所:岡山県倉敷市下津井5-1-1
電話:086-479-8222
 
日帰り入浴
料金:一人1,000円
営業時間:11:00~15:00
 
鷲羽温泉 鷲羽グランドホテル 備前屋甲子の詳細情報はこちら
 
 

第4位 奥津温泉

奥津温泉奥津荘
photo by ikyu.com
 
美作三湯の3つ目の温泉が岡山県の鏡野町にある奥津温泉です。
泉質はアルカリ性の単純温泉で、漂白成分が含まれているため、お肌が白く滑らかになるといわれています。
 
昭和2年築の「名泉鍵湯 奥津荘」は趣のある木造建築で、温泉は源泉かけ流しとはまた違う「泉源の上」に浴槽を設け、こんこんと湧き上がる大地の恵みを堪能できます。
 
奥津荘 鍵湯
photo by ikyu.com
 
「奥津荘」には「鍵湯」という浴場があり、その昔津山藩の森忠政公が独り占めしたいがために鍵をつけて、一般の村人などの入浴を禁じたということから「鍵湯」として親しまれてきました。
 
その歴史の産物がこの「奥津荘」には残っています。
 
奥津荘 立ち湯
photo by ikyu.com
 
また「立湯」という立ったまま入浴できる浴場もあり、深いところでは120㎝もの深さがあるものの、湯面から底がはっきり見えるほど透明な泉質です。
 
「奥津荘」では日帰りとは別に夕方からの入浴を楽しめて、夕食をいただけるプランもあります。おいしい食事もいただきたい方は心もお腹も満たされる夕食プランを堪能してはいかがですか。
 
奥津温泉 名泉鍵湯 奥津荘
住所:岡山県苫田郡鏡野町奥津48
電話:0868-52-0021
 
日帰り入浴
料金:大人(中学生以上)1,000円、小人(3歳以上)500円
営業時間:10:45~14:30(最終受付14:00)
 
奥津温泉 名泉鍵湯 奥津荘の詳細情報はこちら
 
 

第5位 作州武蔵温泉

ホテル作州武蔵 外観
photo by jalan.net
 
中国道美作I.Cから車で約10分、宮本武蔵生誕の地に「作州武蔵温泉」があります。
 
自然の中に落ち着いた雰囲気で佇むのがリゾートホテル「ホテル作州武蔵」です。
 
リゾートホテルならではの、プールやジャクジーバスや天然温泉が完備されており、自然の中で思いっきり癒しのリゾート気分を満喫できます。
 
ホテル作州武蔵 露天風呂
photo by jalan.net
 
自家源泉がたっぷり注がれる温泉はアルカリ性の単純温泉で、筋肉痛や神経痛、冷え性の回復に適しています。
 
また、四季折々の自然を楽しめる露天風呂は森からの爽やかな風に吹かれながら、夜には満点の星を見上げながら、贅沢な時間を満喫できます。
 
ホテル作州 みやび
photo by jalan.net
「ホテル作州武蔵」では日帰り温泉の他に、昼食のついたプランも用意されています。
天然温泉に入りつつ、地元の四季折々の味覚を日帰りで存分に堪能することができます。
 
ホテル作州武蔵
住所:岡山県美作市大町878
電話:0868-77-1380
 
日帰り入浴
料金:大人864円、小人(小学生以上)432円
営業時間:11:00~16:00(最終受付15:00)
月曜、木曜は清掃のため、利用不可。
 
ホテル作州武蔵の詳細情報はこちら
 
 


 
この記事についたキーワード