個性的なカフェを巡りたい「下北沢」のカフェランチおすすめランキング

新宿駅から小田急線に乗って15分程の下北沢は、古着ショップやライブハウスが有名で、休日は若者や地元の方で賑わいます。穏やかながらも活気あふれる、親しみやすい街です。駅周辺から少し奥の道に入ると、個人経営の小さなカフェや飲食店が沢山並んでいて、どのお店にもメニューやお店の様式にさまざまな個性があります。そこで今回は、下北沢の街に合う個性が光り、ランチが食べられるカフェ5店舗をランキング形式でお届けします。

 

第1位 8 jours(エイトジュール)

『8 jours』は、入り口のブランコが目印の、ナチュラルテイストで可愛いお店です。『8』にこだわっていて、開店は9時『8』分、メニューは毎月『8』日に変わるのです。美味しい紅茶を淹れてくれるお店で、朝食やパンケーキもおすすめです。
 
8joursの入り口
photo by tabelog.com 
 
ランチには、キッシュがメインのプレートがあります。サイドメニューには、小さなサラダ、マッシュポテト、パン、デザートが乗っていて、小さくて可愛い世界が演出されています。食前と食後にドリンクがつきますので、2種類の紅茶が選べますよ。
 
8joursのランチプレート
photo by tabelog.com
 
8joursの口コミ・詳細情報はこちら
 

第2位 CITY COUNTRY CITY(シティー カントリー シティ)

『CITY COUNTRY CITY』は、雑然としたビルの4Fにある、大きな窓のある屋根裏部屋みたいな居心地が良いお店です。ランチタイムには、お食事の他にチーズケーキやガトーショコラといったデザートメニューも充実してます。
 
sitycountrysityの店内
photo by tabelog.com
 
ランチには、パスタとドリンクが楽しめます。カルボナーラやナポリタンといった定番メニューから、豚バラとキャベツのぺペロンチーノ、豆腐とトマトと大葉の明太子など、ここでしか味わえないパスタもあります。パスタの麺自体がもちもちでコシがありますので、パッと見で量は少なそうですが、満腹感が得られます。
 
sitycountrysityのパスタ
photo by tabelog.com
 
CITY COUNTRY CITYの口コミ・詳細情報はこちら
 

第3位 ブリキボタン

『ブリキボタン』は、“古い洋館のアトリエ”をテーマにした、全席ソファシートという、アンティークな空間がくつろげるお店です。店内にはボタンが飾られていて、座席ごとに決められている、画家、時計職人、洋裁職人といった物語の中に引き込まれます。
 
ブリキボタンの店内
photo by tabelog.com
 
ランチメニューには、5~6種類の惣菜で作られた日替わりランチがあります。その他に、オムライス、カレー、パスタ、ドリア、ごはんプレートなど、豊富な種類が取り揃えられています。
 
ブリキボタンのオムライス
photo by tabelog.com
 
ブリキボタンの口コミ・詳細情報はこちら
 

第4位 mois cafe(モワカフェ)

『mois cafe』は、駅からすぐの住宅街の中にある築40年の一軒家を改装した、おうちカフェです。開放感のある店内で、自家製のこだわりスイーツや、季節の紅茶を楽しめそう。
 
moiscafe1の入り口
photo by tabelog.com
 
ランチには、日替わりプレート、豆たっぷりカレーなど、8~9種類のメニューがあります。メニューは全体的にヘルシーで、ナチュラル志向の方にもおすすめです。自宅にいるような気持ちになるので、自然と滞在時間が長くなってしまうかも。
 
moiscafeのカレー
photo by tabelog.com
 
mois cafeの口コミ・詳細情報はこちら
 

第5位 DELI&BAKING.CO(デリ アンド ベイキング)

『DELI&BAKING.CO』は、年齢や性別の気にせず誰でも入りやすい外国風のオープンなお店です。お食事の前に、料理の注文とお会計をするデリ形式になっています。友人や仲間内の集まりで、ワイワイ楽しめそうな開放感のある雰囲気です。
 
デリアンドベイキングの店内
photo by tabelog.com
 
有名なのは大きなパンケーキで、スイーツだけではなく、ランチプレートにもパンケーキが乗っています。その他にも、キッシュやグリーンカレーにもパンケーキがついていて、お食事系のパンケーギが楽しめますよ。
 
デリアンドベイキングのパンケーキランチ
photo by tabelog.com
 
DELI&BAKING.COの口コミ・詳細情報はこちら
 


 
この記事についたキーワード