カナリア諸島で最も興味深いと言われる「ランサローテ島」は魅力的すぎる絶景島

イベリア半島から南西に千キロ、アフリカ大陸の北西より大西洋沖125キロに位置するカナリア諸島を構成する島のひとつである「ランサローテ島」は、美しいビーチに、まるで月のようなクレーターの大地、自然のアートに、ワインと魅力溢れるスポット。カナリア諸島中でも最も興味深い島と呼ばれる素晴らしい島をご紹介します。

ランサローテ島のティマンファヤ国立公園の洞窟
photo by en.wikipedia.org

また大迫力の洞窟を探検することもできます。

 

ランサローテ島の景観を守った”セサール・マンリケ”

ランサローテ島の町並み
photo by itaka.pl

とても美しい町並みですが、これはランサローテ島を守るために生涯を捧げた建築家”セサール・マンリケ”が島を守る為の活動したおかげ。

 
ランサローテ島のサボテン
photo by jetairfly.com

こちらはマンリケが作ったサボテン園のサボテン、マンリケは、”自然自身が主人公”という思考に基づき、ランサローテ島そのものをアートとして完成させました。

 
ランサローテ島のマンリケの家
photo by Mark Stevens

こちらはマンリケの家。アーティストに相応しい美しい家ですね。

 

魅力溢れるランサローテ島

ランサローテ島のビーチ
photo by jetairfly.com

美しいビーチ、まるで月のようなクレーターの大地、自然のアートに、ワインと魅力溢れる「ランサローテ島」。ぜひカナリア諸島中でも最も興味深い島と呼ばれるランサローテ島を訪れたいですね。

 

ランサローテ島への航空券情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード