冬こそ行くべき!夏だけじゃない魅力溢れる「沖縄の宿」おすすめ5選

沖縄は2月でも平均気温が17℃近くあり、風が少なく晴れた昼間は半袖で十分に歩けるほど。飛行機やホテルも、夏のトップシーズンよりも格段にお得になるため、実は冬の穴場旅行地なのです。そこで今回は、一休.comが厳選するホテルを、冬の沖縄を満喫できる、おすすめの過ごし方とともにご紹介します。

ゴルフを満喫できるやすらぎのホテル

1809_01-1
photo by restaurant.ikyu.com
過ごしやすい気候の中で、ゴルフを満喫するのにうってつけのこのホテル。奇跡のロケーションとも言われ、沖縄随一の人気を誇る「喜瀬カントリークラブ」の敷地内にあります。
 
ゴルフ場はヤンバルの森に囲まれたウッドコースと、美しい海を眺められるオーシャンコースがあり、沖縄ならではの雰囲気。
 

1809_02-1
photo by restaurant.ikyu.com
ゴルフのあとは、すぐにお部屋でくつろげるのも魅力の一つです。モダンなデザインの部屋には海と空を望むことができるお風呂や、大自然を感じられるテラスが設置されゆったりと過ごせます。
 
食事はイタリアンレストラン『ちょらぬうじ』と、鉄板焼レストラン『喜瀬』、沖縄料理から洋食まで幅広いメニューがある『グスク』など、沖縄の個性を引き出した3つのタイプのダイニングでいただけます。沖縄らしい景観や食が愉しめるラグジュアリーなホテルで、ゴルフ三昧のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

<宿の基本情報>
ザ・リッツ・カールトン沖縄 (沖縄県/名護) [全97室]
所在地:〒905-0026 沖縄県名護市喜瀬1343-1
アクセス:那覇空港より車で約75分
参考料金:1泊2名 朝食付 33,616円~ ※2016/11 時点
 

ザ・リッツ・カールトン沖縄の宿泊予約・口コミ・詳細情報はこちら

 

極上のプライベート時間を過ごせるリラックスリゾート

2209_01-1
photo by restaurant.ikyu.com
2016年3月、爽やかな潮風が吹き渡る読谷の地に、全室専用プール付のヴィラ・スタイルのクラブリゾートが誕生しました。
 
こちらでのおすすめの過ごし方は、日々の喧騒から離れてリラックスタイムを過ごすこと。広々としたプライベート感のあるお部屋でゆったりと過ごすも良し、沖縄の自然素材やハーブを使ったエステで自分磨きをしたり、ヨガやウォーキングなどのアクティビティプログラムに参加するも良し…。
 
また、ゲストが自由に利用できるオーシャンビューのバー&ラウンジで、スイーツをいただきながら優雅にティータイムを過ごすのもオススメです。

 

2209_02-2
photo by restaurant.ikyu.com
お食事はインルームダイニングを利用して、お部屋のプールサイドで愉しむこともできるので、思いのままのプライベートタイムを過ごすことができます。クリスマスにはキャンドルが灯るプライベートプールサイドでのディナー付プランも。大切な人との最高の思い出作りにいかがでしょうか。

 

<宿の基本情報>
ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ ( 沖縄県/読谷) [全48室]
所在地:〒904-0328 沖縄県中頭郡読谷村宇座630-1
アクセス:那覇空港より車で約70分
参考料金:1泊2名 朝食付 103,680円~ ※2016/11 時点
 

ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズの宿泊予約・口コミ・詳細情報はこちら

 

アクティブ派にぴったりのアクティビティが愉しめるホテル

867_01-1
photo by restaurant.ikyu.com
本島北部の“やんばる”は大自然の宝庫です。そんなやんばるの地にあるこちらのホテルでは、大人から子供まで愉しめる多彩なアクティビティを通年で用意しているため、冬でもアクティブに沖縄旅を愉しむことができます。
 
亜熱帯の森の探検ツアーや、カヤック体験やパターゴルフ、そして、無人島ツアーなど、沖縄ならではの体験はきっと思い出に残ることでしょう。さらに、冬は期間限定のイベントも。イルミネーションの点灯や、アーティストによるライブや花火など盛り沢山です。
 

867_02
photo by restaurant.ikyu.com
客室はオーシャンビューの部屋をはじめとし、コテージ式の部屋など、7つのタイプがある全96室。好みに応じて選べます。料理は和食や、洋食、中華料理の他に、沖縄の家庭料理やステーキハウスなど、多彩な食のスタイルが揃っています。

 

<宿の基本情報>
カヌチャベイホテル&ヴィラズ ( 沖縄県/名護) [全304室]
所在地:〒905-2263 沖縄県名護市安部156-2
アクセス:那覇空港より車で約80分
参考料金:1泊2名 朝食付 19,000円~ ※2016/11 時点
 

カヌチャベイホテル&ヴィラズの宿泊予約・口コミ・詳細情報はこちら

  

冬にはホエールウォッチングも!楽しみいっぱいのリゾート

2000_01
photo by restaurant.ikyu.com
東シナ海に浮かぶ伊江島や伊是名の島々を望むことができるこちらのホテルは、用途に応じて選べる10の部屋タイプや、多彩なレストランなど、ご家族でもカップルでも安心して過ごせるホテルとして人気です。

 
2000_02

photo by restaurant.ikyu.com
冬に訪れたら、ホエールウォッチングに参加するのがオススメ。本部近海に帰ってくるザトウクジラのダイナミックな姿が見られるツアーがあるそうです。
 
また、約2億年前の地層から湧き出る天然温泉や、タラソテラピー、季節を問わず遊べる室内プールなど、魅力的な施設も盛りだくさんです。さらに、手ぶらでOKの釣りや、珊瑚礁巡りなどのクルーズ、ゴルフやテニスなど様々なアクティビティも紹介してもらえるので、チャレンジしてみるのも旅先ならではの楽しみですね。

 

<宿の基本情報>
ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ (沖縄県/本部 ) [全238室]
所在地:〒905-0207 沖縄県国頭郡本部町備瀬148番地1
アクセス:那覇空港より車で約100分
参考料金:1泊2名 朝食付 21,600円~ ※2016/11 時点
 

ホテル オリオン モトブ リゾート&スパの宿泊予約・口コミ・詳細情報はこちら

 

離島の魅力を味わい尽くす癒しのステイ

1271_02-2
photo by restaurant.ikyu.com
石垣島と西表島の中間に位置する小浜島にある、南十字星を名に冠した「はいむるぶし」。北半球最大の珊瑚礁を抱いた海と、国内最多の84星座を見ることができるロケーションが魅力です。
 
冬にマリンスポーツはちょっと…という方は、その分ゆったりと島観光をしてみてはいかがでしょう。1日で3つの島をめぐるツアーでは、水牛車でゆったりと観光することができます。地図を見ながら自転車やカートで島内を一周してみるのも、リフレッシュになりそうです。

 

1271_02-3
photo by restaurant.ikyu.com
観光の合間のひと休みは、西表島に沈みゆく夕陽や輝く海を一望できるオーシャンビューのお部屋でどうぞ。モダンなインテリアの客室で心身ともに安らぐことができるでしょう。
 
夜には満天の夜空を見るのをお忘れなく。普段よりゆっくりと時が流れる島時間に癒されて。
 

<宿の基本情報>
はいむるぶし(沖縄県/小浜島) [全148室]
所在地:〒907-1292 沖縄県八重山郡竹富町小浜2930
アクセス:小浜港より無料送迎バスにて約5分
参考料金:1泊2名 朝食付 14,000円~ ※2016/11 時点
 

はいむるぶしの宿泊予約・口コミ・詳細情報はこちら

 

夏に負けない楽しさを体感してしまったら、冬の沖縄のとりこになってしまうかもしれませんね。アクティブ派もリラックス派も愉しめる、冬ならではの沖縄旅に出かけてみてはいかがでしょうか。
 
記事提供・協力:一休.com


 
この記事についたキーワード