実力派シェフがつくる北海道食材たっぷりのフレンチ【Remerciements OKAMOTO】

東京・表参道。青山通りからひとつ路地を入ると、都会の喧騒がウソのような閑静な街並みが広がっています。 そんな東京で最高に贅沢な環境にあるビルの1階に、表札もなくひっそりたたずんでいるのが、Remerciements OKAMOTO(ルメルシマン・オカモト)です。

東京・表参道。青山通りからひとつ路地を入ると、都会の喧騒がウソのような閑静な街並みが広がっています。
 
そんな東京で最高に贅沢な環境にあるビルの1階に、表札もなくひっそりたたずんでいるのが、Remerciements OKAMOTO(ルメルシマン・オカモト)です。
 
102049_01
photo by restaurant.ikyu.com
個人宅と勘違いして通り過ぎてしまいそうな、何のサインもない店頭。気がつかないと気になる方は、ビルにある紫色の店名サインを目印に探してみてください。
 
そんなまったく自己アピールをしない点こそ、味への自信の表れなのです。
 
オーナーシェフの岡本英樹氏は、ホテルニューオータニ入社後、京橋『シェ・イノ』を経て渡仏し、パリ『ギィーサヴォア』(三ツ星)、ロワンヌ『トロ ワグロ』(三ツ星)、ピュイミロール』ミッシェル・トラマ』」(三ツ星)、グラース『ジャック・シボア』(二ツ星)で研鑽を積み、東京・青山『アン・カフェ』や『博多全日空ホテル』、『ドゥロアンヌ』で料理長を歴任した実力派。
 
そんな彼が2012年に満を侍してオープンさせたのが、この『ルメルシマン・オカモト』です。
 
102049_03
photo by restaurant.ikyu.com
岡本氏のこだわりは、食材の調達から始まっています。
 
“顔の見える生産者とのつながりを大切にする”岡本氏は、土の香りをする野菜をはじめ、生でも食せる新鮮な魚介類、猟師がその手で仕留めたジビエ(野鳥)など、ひとりひとり、自らが生産者を厳選。
 
彼の出身地でもある北海道から多くの食材を直接仕入れています。そんなこだわり抜いた大地のめぐみ豊かな食材を中心に使ったコースが、東京に居ながらに味わえてしまうのです。
 
Remerciements(ルメルシマン) とは、フランス語で“感謝”という意味。料理を通じて1人でも多くの人を幸せにしたいという岡本氏の熱い思いが、店名には込められています。
 
102049_02
photo by restaurant.ikyu.com
一歩、店内に入ると、グレーを基調としたインテリアが実に落ち着いた雰囲気を醸し出し、来る人を包み込みます。
 
あなたも、きっと一瞬で緊張感から解放され、リラックスすることでしょう。これもまた、シェフの目の届く範囲でもてなしの心が行き渡るようにという岡本氏が思いが具現化された空間なのです。
 
心の底から寛いで料理やお酒を楽しむ。そんな至福のひとときが、ここにはあります。
 

ある日のディナー、デギュスタションコースを紹介すると――。
 
まずアミューズブーシュに始まり、前菜が4皿。
 
この日の1皿目は、スコットランド産のオマールブルーのサラダ仕立て アメリケーヌ・ソースに、2皿目がポロ葱のテリーヌ 地鶏のレバームースとトリュフのヴィネグレット。
 
コクのあるレバームースに、トリュフのヴィネグレットの酸味をアクセントに、ポロ葱の甘さが包みこみます。このハーモニーは絶品です。これはぜひとも食べていただきたい一品です。
 
続いて3皿目は、蝦夷鮑と蝦夷渡り蟹のリゾット シェリー酒風味。国産の逸品を風味づけしたリゾットは、目で見て、舌で味わう贅沢な一品です。
 
4皿目の富良野産白玉葱のヴルーテとフォアグラのポワレでは、フォワグラと白玉葱の甘味をぜひご自分の舌で堪能してください。
 
102049_04
photo by restaurant.ikyu.com
メインは2皿。
 
この日の魚料理は、 北海道から直送された鮮魚のポワレ ソース・ロワイヤルです。 どんな魚になるかは、その日の仕入れ次第とのこと。ぜひ、当日のお楽しみに。
 
そして肉料理は、 北海道産 熟成ジャージー牛のロースト エシャロット・ソース。季節によっては珍しいエゾジカを味わえる日もあるようです。
 
102049_05
photo by restaurant.ikyu.com
最後のデザートも2種類。
 
小さなデザートは、チコリコーヒーのババロワと、季節のデザートは、桃のコンポートとバニラのアイスクリーム。これにコーヒーと小菓子のミニャルディーズが付きます。
 
102049_06
photo by restaurant.ikyu.com
こんな起承転結に富むコース料理に合うようにと、常時120種のワインも取り揃えられています。
 
個室では、仲間うちだけのよりプライベートな高まりが、料理を介添えに関係性を深めてくれることでしょう。これが、すべて大都会、東京・表参道で体験できてしまうという素晴らしさ!
 
102049_07
photo by restaurant.ikyu.com
心身ともにリラックスして味わえる最高の贅沢にあなたも心酔してみてはいかがですか?
 
Remerciements OKAMOTOの予約・口コミ・詳細情報はこちら
 
■基本情報
店  名:Remerciements OKAMOTO(東京・南青山)
ジャンル:フランス料理
住  所:東京都港区南青山3-6-7 b-town 1F
アクセス:■東京メトロ半蔵門/銀座/千代田線 表参道駅 … A4出口より徒歩6分
 
記事提供・協力:一休.comレストラン


 
この記事についたキーワード