月が水面に美しく輝く全室オーシャンビューの宿【望水】

北川(ほっかわ)温泉は伊豆半島東海岸の大川温泉と熱川温泉の間にあり、こじんまりとした温かい雰囲気が漂っている温泉地です。そんな北川温泉に在る『望水』は、全室から相模灘を見下ろすオーシャンビューの絶景の宿です。

心を癒す神秘的なムーンロード

280_02-1-1024x659
photo by ikyu.com
北川(ほっかわ)温泉は伊豆半島東海岸の大川温泉と熱川温泉の間にあり、こじんまりとした温かい雰囲気が漂っている温泉地です。そんな北川温泉に在る『望水』は、全室から相模灘を見下ろすオーシャンビューの絶景の宿です。
 
280_12
photo by ikyu.com
こちらの宿から望む月は格別です。特に日の出と同じように水平線から昇る「月の出」は神秘的。太陽が沈みゆくころ、水面に映り美しく輝きながら昇る月は、息をのむ美しさです。
 

280_16
photo by ikyu.com

月が一層輝く満月の頃は、海面に月光が導く月の道「ムーンロード」が現れます。煌めく月の道を眺めていると、疲れがすーっと、とれていくような、そんな安らぎを覚えるでしょう。
 

280_09
photo by ikyu.com

満月の前後3日間は、8Fラウンジ「波の舞」がフルムーンラウンジとしてオープンするので、そんな日は窓からの月を眺めながら、「ハッピーフルムーン」を満喫してみてください。宿泊者は無料で利用できます。

 
280_03
photo by ikyu.com

和の温もりが感じられる落ち着きのある客室は、どの部屋からも相模灘を一望できます。日の出から月の出まで刻々と変化する、窓いっぱいに広がる海の表情に誰もがきっと心を奪われるでしょう。
 
お天気の良い朝には、早起きして伊豆大島からの日の出を見るのがおすすめです。
 

海底から湧き出た良質の温泉

280_01-2
photo by ikyu.com
北川は温泉地としての歴史は新しく、昭和初期に地元の漁師が潜水をしている時に海藻がついてない岩場を見つけたことがきっかけとなり、高温の源泉が発見されたのがはじまりのようです。
 

280_10
photo by ikyu.com

そして、この宿の敷地内にも専用源泉「北川開発源泉」があり、そのお湯は無色透明。わずかに塩気を感じるとてもやわらかな肌あたりです。
 
大浴場には、風情ある石造りの「石楠花の湯」と檜造りの「椿の湯」があり、男女入れ替え制なので、どちらも愉しむことができます。
 
280_03-2
photo by ikyu.com

また、海へせり出すようにしつらえた、4つのプライベートガゼボ(東屋)があります。それぞれのガゼボには露天風呂も付いているので、海と空と潮風を全身で感じることができる緩やかな時間を堪能できます。さえぎるものが何もない、海と一体化しているような感覚をプライベートな空間で味わえるなんて、とても贅沢ですね。
 

280_06
photo by ikyu.com

そして、宿から100メートルほど離れた場所に『波打ち際の露天風呂』として有名な公営の「黒根岩風呂」があり、そちらは潮風を浴びながら海と同じ目線で入ることができる絶景の露天風呂です。宿泊者は無料で入ることができるので、行かれてみてはいかがでしょうか。
 

定置網漁の水揚げで一日が始まる伊豆北川

280_08
photo by ikyu.com
この北川の土地ならではの味覚といえば、やはり海の幸です。 旬の素材を活かす匠の技を活かした和食に、豪快な磯料理である、『望水』の名物料理「海鮮石焼き」が味わえます。
 
目の前で熱せられた石の上で香ばしく焼かれる魚介は、ジュワ~という音と共に美味しい香りに食欲をそそられます。
 

280_13
photo by ikyu.com

魚介が苦手な方や、お肉好きの方には、「霜降り和牛の石焼ステーキ」などのコースもあるので、予約の際にお尋ねください。
 
食事は、ゆったりと寛いでいただきたいという思いから、部屋食となっています。窓に広がる海景色が加わりより一層、お食事を満喫できると思います。
 

280_16-1
photo by ikyu.com

自宅に戻り、日常の生活の中でふと、美しい月や、海景色が浮かんできたならそれはきっと、素敵な旅の思い出として刻まれた証ではないでしょうか。部屋で、食で、温泉で、月と海とを身近に感じられる非日常のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。
 

望水の宿泊予約・口コミ・詳細情報はこちら

 

<宿の基本情報>
望水 (静岡県/伊豆・北川温泉) [全34室]
所在地:〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町北川温泉
アクセス:伊豆熱川駅より送迎あり
参考料金:1泊2名 夕朝食付 60,480円~ ※2017/1 時点
 
記事提供・協力:一休.com


 
この記事についたキーワード