虎ノ門ヒルズの上階にたたずむ東京の注目ホテル「アンダーズ東京」

アンダーズ東京。それは新たな東京のランドマークとして注目されている虎ノ門ヒルズにオープンした、日本初上陸となる米ハイアットグループのアンダーズホテル。女優の加藤あいさんが結婚式を挙げたことでも話題になった、いま東京で注目のホテルをご紹介します。

アンダーズ東京


アンダーズ東京が入居する虎ノ門ヒルズ
photo by jp.hotels.com

アンダーズ東京。それは、2014年6月11日にオープンした超高層ビル”虎ノ門ヒルズ”の47階~52階の6フロアを占める、世界12軒目で日本初上陸となる米ハイアットグループのアンダーズホテル。

 

アンダーズとは

アンダーズ東京
photo by jp.hotels.com

アンダーズとはヒンディー語で「パーソナルスタイル」を意味する言葉。アンダーズホテルは、地域の個性を大切にし、その土地の魅力やデザイン・サービスに取り入れ、パーソナルなおもてなしでゲストを迎えるライフスタイルホテルです。

 

アンダーズ東京のデザイン

アンダーズ東京の装飾
photo by luxurytraveladvisor.com

アンダーズ東京のインテリアデザインは、ニューヨークのアンダーズ・フィフス・アベニューやグランド・ハイアット・東京のレストランなどを手掛けた世界的なホテルデザイナー”トニー・チ―”と、日本の伝統文化を現代に合わせて再構築するスタイルが人気の日本人デザイナーの緒方慎一郎によるもの。

 

チェックイン

アンダーズ東京のチェックインラウンジ
photo by tripadvisor.com

「アンダーズ東京」にはチェックインカウンターがありません。ゲストは51階にある”アンダーズ ラウンジ”のソファで好みのドリンクを飲みながら、iPadの簡単な操作だけでチェックインを完了できるようになっています。

 

客室

アンダーズ東京の客室
photo by tokyo.andaz.hyatt.jp

客室は、スタンダード、ビュー、デラックス、スイートに分類される全164室。スタンダードルームでも最低50㎡という都内で最大級の広さを誇る客室になっており、、部屋のミニバーのソフトドリンクやスナック、市内電話、WiFi接続はすべて無料で利用可能で、東京の素晴らしい眺望を楽しみながら、まるで家のようにくつろぐことが可能です。

 
アンダーズ東京の客室
photo by jp.hotels.com

もちろん気になるのが日本人にとってとても重要なバスルーム。「和」のテイストを感じるモダンなデザインと、日本のお風呂の考えを取り入れた広くゆとりのあるバスタブなどが魅力です。

 
アンダーズ東京のスタンダードルーム
photo by tokyo.andaz.hyatt.jp

こちらはスタンダードルームであるアンダーズルーム(キング)。スタンダードルームでありながら50㎡という都内最大級の広さを誇り、日本人が大切にする自然の温もりや素材感を生かしてデザインされ、まるでご自宅にいるような寛ぎの空間を堪能することができます。キングサイズのベッド(1台)には国産の上質なリネンを使用。もちろん大きな窓からは東京の素晴らしい景色が一望できます。

 
アンダーズ東京のビュールーム
photo by tokyo.andaz.hyatt.jp

こちらはビューであるアンダーズ ベイビュー ルーム (キング)。50㎡という都内最大級の広さをを持ち、大きな窓からは東京湾やレインボーブリッジ、銀座の街並みが一望できる眺望が素晴らしい客室です。

 
アンダーズ東京の客室からの眺め
photo by tokyo.andaz.hyatt.jp

昼間の眺望もとても素晴らしいものですが、

 
アンダーズ東京の客室からの眺め
photo by tokyo.andaz.hyatt.jp

夜景もひときわ素晴らしい、まさにビュールームの名にふさわしいお部屋です。

 
アンダーズ東京のスイートの客室
photo by jp.hotels.com

スイートは全8室。こちらのアンダーズ ベイビュー スイートは、125㎡という広さを誇り、大きな窓からは東京湾や東京のパノラミックな街並み一望することができ、キングサイズのベッド(2台)には国産の上質なリネンを使用。

 
アンダーズ東京のスイートの客室
photo by tokyo.andaz.hyatt.jp

リビングルーム、ベッドルーム、バスルームそれぞれにゆとりの空間が広がり、ストレスフリーで快適な滞在を満喫することができます。

 

アンダーズ東京の宿泊予約・詳細情報はこちら


 
この記事についたキーワード