死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景:平渓郷天燈祭

台湾は平渓郷で開催される「平渓郷天燈祭」は、天燈にその年の願いを書き込み、夜空に飛ばす絶景イベント。三国志の名軍師である諸葛孔明が発明したとされる熱気球が作り出す幻想的な風景をご紹介します。

平渓郷天燈祭

ランタンを夜空に解き放つ人々
photo by nedhardy.com
 

「天灯」とは、諸葛孔明が発明したとされる熱気球の一種で、平陽で孔明の軍が司馬仲達の軍に包囲された際に、天灯によって救援を要請したと言われています。

 
夜空に浮かぶランタン
photo byolvwu | 莫方
 

中国の南部では、元宵節に天灯を放ち、無病息災を祈る習俗があり、特に台湾の北東部にある平渓郷では、大規模な「放天燈」と呼ばれるイベントが行われており、願いごとを託した「天灯」と呼ばれる大型ランタンを、一斉に夜空に放つ幻想的な儀式が人々を魅了します。2017年平渓天燈祭は、元宵節2月11日(土)の予定です。

 
ランタンを掴む人々
photo by *dans
 

結構大きいです!

 

夜空の遠くに飛んでいく平渓郷天燈祭のランタン
photo by DilipBhoye
 

ドンドン上がっていって…思いを空に運んでいきます。

 
夜空の遠くに飛んでいく平渓郷天燈祭のランタン
photo by DilipBhoye
 

とてもロマンチックな雰囲気漂う「平渓郷天燈祭」。無病息災の願いを乗せて、大空に飛ばしたくなりますね。

 

平渓郷天燈祭2017のツアー情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード