死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景:三游洞の絶壁レストラン

中国湖北省の切り立った崖に位置する三游洞。唐代の詩人白楽天が弟や友人とともに訪れた水墨画のような世界をご紹介します。

三游洞の絶壁レストラン

三游洞の絶景レストラン
photo by nedhardy.com
 

三游洞は中国湖北省宜昌市の北部の切り立った崖にある洞窟で、古くは唐代の詩人白楽天が弟や友人とともに訪れ「三遊洞亭」という詩を詠んだことで知られています。

 
三游洞の絶壁レストラン
photo by travel.spotcoolstuff.com

三游洞の周辺の風景

photo by news.chutour.com/t
 

現在ではこの洞窟にレストランが設けられ、まるで水墨画の中のような風景を眺めながら食事を楽しむことができます。長さ66kmにもなる西陵峡(せいりょうきょう)は、瞿塘峡(くとうきょう)、巫峡(ふきょう)と並び、長江本流の三峡と称されている絶景です。

 
三游洞にある白楽天達の銅像
photo by 白云山顶
 

真ん中が白楽天だそうです。みな良い顔をしてますね。
 
また景区内には三国志関連の遺跡である劉封城遺址や張飛擂鼓台もあるので、三国志ファンにはなお必見です。

 
三游洞からの眺め
photo by tour.sanxia.net
 

水墨画のような世界「三游洞」。こんな景色を眺めながらのんびり詩でも考えてみたいですね。


 
この記事についたキーワード