東京の新注目ホテルホテル「アンダーズ東京」が贈る初めてのカウントダウンメニュー

新たな東京のランドマークとして注目されている虎ノ門ヒルズにオープンした、日本初上陸となる米ハイアットグループのアンダーズホテル「アンダーズ東京」。12月31日限定で、東京の煌びやかな夜景を眺めながら2014 年のエンディングを迎え、新しい年の到来を歓ぶ「ニューイヤーズイヴ・カウントダウン・ガラ・ディナー」をご紹介致します。

アンダーズ東京

アンダーズ東京が入居する虎ノ門ヒルズ
photo by jp.hotels.com

2014年6月11日にオープンした超高層ビル”虎ノ門ヒルズ”の47階~52階の6フロアを占める、日本初上陸となる米ハイアットグループのアンダーズホテル「アンダーズ東京」。
 

 

アンダーズ東京 ニューイヤーズイヴ・カウントダウン・ガラ・ディナー

アンダーズ東京のレストラン
photo by businesswire.com

“胃袋が素直に喜ぶ料理”をコンセプトに、新鮮な日本の食材を使ったヨーロッパの田舎料理を楽しむことができる、アンダーズ東京51階のメインレストラン”アンダーズ タヴァーン(Andaz Tavern)”では、12月31日限定で、東京の煌びやかな夜景を眺めながら2014 年のエンディングを迎え、新しい年の到来を歓ぶ「ニューイヤーズイヴ・カウントダウン・ガラ・ディナー」が開催されます。

 
アンダーズ東京 ニューイヤーズイヴ・カウントダウン・ガラ・ディナー
photo by tokyo.andaz.hyatt.com

ニューイヤーズイヴ・カウントダウン・ガラ・ディナーでは、総料理長ゲルハルト・パスルガーによる限定の特別なディナー、マダム・クリコが生みだした優美でありつつも爽やかな「ヴーヴ・クリコ」のシャンパンフリーフローを生演奏とともに愉しむことができます。

 
アンダーズ東京 ニューイヤーズイヴ・カウントダウン・ガラ・ディナー
photo by tokyo.andaz.hyatt.com

オーストリア出身の総料理長ゲルハルト・パスルガーが想いを込めたスペシャルディナーは、旬の食材が美しく盛りつけられた一皿「ズワイ蟹と林檎のエフィロッシェ帆立貝グレープフルーツ 蟹のアスピック」から始まります。ヨーロッパの地方料理をもとに、日本の食材をつかって料理された一皿一皿は、キャビアを添えたシャンパンスープや、フランスのペリゴール産・黒トリュフと鴨のコンフィのラビオリと続き、一年の締めくくりにふさわしい、ニューイヤーズイヴを艶やかに演出してくれます。

 
アンダーズ東京 ニューイヤーズイヴ・カウントダウン・ガラ・ディナー
photo by tokyo.andaz.hyatt.com

12月31日の第一部は、夜5時半から8時のスペシャルディナーで5コースまたは4 コース、夜8時半からは、ワインペアリング付きの5コースカウントダウンディナーが提供されます。「ヴーヴ・クリコ」のシャンパンフリーフローとペストリーシェフの岡崎正輝によって創り出される美しいチョコレートボールは、年のフィナーレを至高の瞬間へと導いてくれるでしょう。

 

アンダーズ東京のニューイヤーズイヴ・カウントダウン・ガラ・ディナーの情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード