金融街の慌しさとは裏腹にモダンで落ち着いた「アンダーズ・ウォールストリート」

アメリカのニューヨークシティの金融街の中心であるウォールストリートとウォーターストリートの角に建つアンダーズホテルといえば「アンダーズ・ウォールストリート」。2014年6月には虎ノ門ヒルズの上階にたたずむ「アンダーズ東京」をオープンさせたことからも注目が集まる、ハイアット・グループのデザインコンシャスなラグジュアリーブランド「アンダーズ」のニューヨーク・ウォールストリートの顔をご紹介します。

アンダーズ・ウォールストリート Andaz wallstreet


アンダーズ・ウォールストリートの入り口
photo by newyork.wallstreet.andaz.hyatt.com

アンダーズ・ウォールストリートは、アメリカのニューヨークシティの金融街の中心であるウォールストリートとウォーターストリートの角に建つアンダーズホテル。
ホテル代以上に満足できる隠れた高コスパフォーマンスなホテルです。

 

アンダーズ・ウォールストリートの外観
photo by newyork.wallstreet.andaz.hyatt.com

ニューヨーク株式市場やフォーチュン500企業はもとより、サウスストリートシーポートやニューヨークきっての人気ショップ、9.11メモリアルやバッテリーパークなどが徒歩圏内の絶好のロケーションに位置しています。
自由の女神へのフェリー乗り場には徒歩5分程度。
ホテルへのアクセスは地下鉄2、3号線ウォール・ストリート駅から約150m、ニューアーク国際空港から約22km、JFK国際空港から約32kmです。

 

アンダーズ・ウォールストリートのロビー
photo by newyork.wallstreet.andaz.hyatt.com

もちろんアンダーズ・ウォールストリートに足を踏み入れれば、金融街の慌しさを離れ、モダンで落ち着いた素晴らしい空間が出現します。
このホテルは透明感のある色使い、自然の建築素材、開放的なオープンスペースが特徴です。
ホテル全域にて無料Wi-Fi(無線LAN)利用可です。

 

アンダーズ・ウォールストリート ロビーラウンジ
photo by jp.hotels.com

ホテルロビーには無料のコーヒー&紅茶、クッキーのサービスがあります。
チェックイン時に無料ワインまたはボトル入り飲料水1本を提供しています。
ホテルのスタッフがドライクリーニング / ランドリーサービス、ツアー / チケット案内などの手配をサポートします。
施設内にビジネスセンターがあり、フィットネスセンター、スパサービス、会議室もご利用いただけます。
また、パーキングもご利用いただけます(有料)

 

アンダーズ・ウォールストリートの客室

アンダーズ・ウォールストリートの客室
photo by newyork.wallstreet.andaz.hyatt.com

充実した機能を備えた客室は、デザイン性の高いモダンインテリアでスタイリッシュにまとめられています。
我が家に居るかのような居心地の良さと大都会のセンスの良さを一体化している客室です。
客室にはWi​​FiとiPod用ドッキングステーション、室内金庫 (ノート型コンピュータ収納可能)、プレミアムケーブルチャンネル、有料ムービー、無料の新聞が備わっています。
無料のノンアルコール飲料とスナックとミニバーがあり、お部屋でのんびりくつろげます。

 

アンダーズ・ウォールストリート 客室
photo by www.romanticbug.com

ベッドスペースも大変落ち着いていて清潔感に溢れています。
快適な睡眠が保証されていますね。

 

アンダーズ・ウォールストリート バスルーム
photo by blog.room77.s3.amazonaws.com

バスルームはガラス張りで、大きめのバスタブが素敵です。
シャワーブースとバスタブが分かれていてとても広く、リラックスした滞在ができます。
バスローブ、デザイナーバスアメニティ、ヘアドライヤーが完備されています。

 

アンダーズ・ウォールストリートのスパ

アンダーズ・ウォールストリートのスパ
photo by newyork.wallstreet.andaz.hyatt.com

もちろん旅の疲れを癒すスパサービスも完備しています。
フェイス&ボディマッサージで至極の時間を過ごすことができます。
トリートメントルームもあります。

 

アンダーズ・ウォールストリートのレストランバー

アンダーズ・ウォールストリートのレストランバー
photo by online.wsj.com

なんとつい6日前の11月18日にオープンしたのが”Dina Rata“。上質なアメリカンビストロ料理と独創的なカクテルを味わうことができます。

 

自由の女神
photo by www.galdimechanicalscorp.com

ニューヨークと言えば、やはり自由の女神でしょう。
自由の女神像はアメリカ合衆国の独立100周年を記念して建てられたものです。
正式名称は「世界を照らす自由」というそうです。
ホテルから歩いていける距離に自由の女神のいるリバティ島へのフェリー乗り場があります。
15分程度の船旅を経て彼女に会えます。
折角の機会ですので、予約が出来るようでしたらクラウンチケットを購入し、自由の女神の中を王冠部分まで354段の階段を昇られると一層思い出になるでしょう。

 

MOMA
photo by vantan-vip.jp

ミッドタウンの53丁目にある近代アートの殿堂、近代美術館「MOMA」です。
絵画などの美術品だけではなく、工業製品や商品のデザインなども展示されているところが身近な親しみも持てるところです。
アンディウォーホルやゴッホ、ダリなど誰でも知っている有名作品が展示されています。
意外にピカソが見応えがあります。
また、近代美術館らしく、日本のゲームが展示してあったりといった遊び心のある展示内容も面白いです。
MoMAデザインストアも見ているだけで楽しいでしょう。

 

ブロードウェイ
photo by blog.spothero.com

ブロードウェイとはマンハッタンを斜めに走る道のことなので、ミュージカルの劇場がある一帯だけでなく当然ダウンタウンの方にもブロードウェイは通ってます。とはいえミュージカルで有名ですね。
もちろんエンターテイメントの地であるため雰囲気は満点。タイムズスクエア付近のブロードウェイには各ショーの看板が所狭しと掲げられていて、ミュージカルを観に行くときは更にテンションが上がるほどの賑やかさです。
演目は様々ですが、どれも歌唱力、セットなど本場のミュージカルに圧倒させられるほどの迫力です。
機会があれば必ず鑑賞することをおすすめします。

 

セントラルパーク
photo by www.friendsoftunisia.org

ニューヨークのマンハッタンにある広大な都市公園「セントラルパーク」。
周囲の摩天楼で働き暮らすマンハッタンの人々のオアシスとなっており、映画やテレビの舞台としても度々登場するため世界的にも知られるようになりました。
公園内はまるで自然の中にいるように錯覚する風景だが、高度に計算された人工的なものです。
湖がいくつかと、2つのアイススケートリンク、各種スポーツ用の芝生のエリア、自然保護区、そしてそれらを結ぶ遊歩道などがあります。
道路は景観を崩さないために人工的に窪地に造られています。
渡り鳥たちのオアシスにもなっており、バードウォッチングも盛んに行われています。
ショッピングや観光に疲れたなら、この公園でのんびり過ごすのはいかがでしょう?

 

ニューヨーク・ウォールストリートの「アンダーズ」を体験しよう

アンダーズ・ウォールストリート
photo by newyork.wallstreet.andaz.hyatt.com

2014年6月には「アンダーズ東京」をオープンさせたことからも注目が集まる、ハイアット・グループのデザインコンシャスなラグジュアリーブランド「アンダーズ」。
 ぜひニューヨーク・ウォールストリートを訪れる際には宿泊したいアンダーズホテルです。

 

アンダーズ・ウォールストリートの予約・詳細情報はこちら

 


 
この記事についたキーワード