まるで映画の中のシーンのような「アマン・カナルグランデ・ヴェニス」

アマン・カナルグランデ・ヴェニスは、水の都ヴェネチアの一等地、カナルグランデ(大運河)に面した中心地にオープンしたアマンリゾート。世界中のトラベラーが一度は訪れたい憧れの存在である世界屈指のリゾート「アマン・カナルグランデ・ヴェニス」をご紹介します。

アマン・カナルグランデ・ヴェニス Aman Canal Grande Venice

アマン・カナルグランデ・ヴェニス
photo by amanresorts.com

アマン・カナルグランデ・ヴェニスは、2013年にイタリアの水の都ヴェネチアの一等地、サンポーロ地区のカナルグランデ(大運河)に面した中心地にオープンしたアマンリゾート。
水の都の名にふさわしく、ゲストは専用の船で運河を辿り到着します。

 
アマン・カナルグランデ・ヴェニスのラウンジ
photo by telegraph.co.uk

16世紀に建てられた、カナルに面した5階建て宮殿’パラッツォ・パパドポリ’を改装して作られたこのホテルは、ヴェネチア共和国全盛期の富と芸術性が表現されています。
船を降り立つとまずは天井の高いレセプションホールに入り、壁のフレスコ画やシャンデリアが出迎えてくれます。そのロマンティックな幕開けに心躍ることでしょう。

 
アマン・カナルグランデ・ヴェニスの階段
photo by amanresorts.com

階段からも高い格式と芸術性が感じられ、まるで美術館を歩いているようです。

 

アマン・カナルグランデ・ヴェニスの客室
photo by amanresorts.com

客室は全24室のスイートになっており、エレガントそのもので、当時のままに残された調度品やアートが設けられ、まるで美術館の中にいるような雰囲気です。ほとんどのスイートには、リビングエリアとベッドルーム、ドレッシングエリアとバスルームを擁しています。その他、キングサイズベッド、ミニバー、デスク、ソファまたはラウンジチェア、テレビ、バスアメニティーが完備されています。
こちらはアルコーヴァ・ティエポロ・スイート。「18世紀ヨーロッパで最も偉大な装飾画家であるだけではなく、最も有能な職人でもある」と言われたジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロによる天井画のあるベッドルームが特徴的です。また、中国画が描かれたリビングルームもあります。

 
カナルグランデスイート
photo by amanresorts.com

こちらは、カナル・グランデ・スイートのベッドルームです。このスイートは運河の真正面にあり、素晴らしい景色をお楽しみいただけます。リビングルームからは、広範囲に渡って運河を見渡すことができるので、運河の様子を存分にご覧いただくことができます。ただ流れゆく運河を眺めて、贅沢な時間を過ごすのもよいでしょう。

 
マッダレーナスタンツァ
photo by amanresorts.com

こちらはマッダレーナ・スタンツァのベッドルームです。この部屋は高い天井、シルクの壁装材、フレスコ画の天井や浴室のシャンデリアを備えています。背の高い窓からは、ガーデンテラスとグランドカナルの素晴らしい景色を眺めることができます。

 
アマン・カナルグランデ・ヴェニスの客室
photo by amanresorts.com

スイートには建築様式、サイズ、眺望によって異なる4つのカテゴリーがあり、ひとつとして同じ広さ、同じデザインの部屋はありません。プライベートガーデンビューを臨むベッドルーム、グランカナルビューを臨むチェンバー、高層階からのグランカナルビューを臨むスタンツァとシグニチャー・アコモデーションの4つに分けられています。
特にシグニチャー・アコモデーションは高い天井や暖炉、大きなドアやシャンデリアなど、それぞれに異なる意匠で伝統と格式を備えた部屋になっています。
こちらはシグニチャー・アコモデーションのひとつ、サンソヴィーノ・スタンツァ。このスイートは、16世紀初頭のヴェニスで最も有名な建築家の1人、ヤーコボ・ダントニオ・サンソヴィーノによってデザインされた、パラッツォで最も歴史のある客室です。

 
バスルーム
photo by tripadvisor.jp

バスルームはシンプルかつスタイリッシュにまとめられています。バスルームにしては十分すぎるほどの広さがあり、バスタブも完備されていますので、ゆったりと寛ぐことができるでしょう。

 
アマン・カナルグランデ・ヴェニスのスパ
photo by amanresorts.com

もちろん、スパも完備しており、宮殿の雰囲気とは異なった、まるで隠れ家のような暖かみが感じられます。穏やかな照明と低めの天井により聖域のような雰囲気が醸し出されているこちらのスパでは、それぞれドレッシングエリアとバスルーム付き3つのシングルトリートメントルームがあります。トリートメントルームの1つにはバスタブがあり、ボディスクラブにも利用いただけます。
また、エアロビクスと各種トレーニングができるジムも併設されています。

 
アマン・カナルグランデ・ヴェニスのダイニング
photo by amanresorts.com

なんといっても壮麗なのが、ダイニングルーム。 ダイニングルームは3か所に分かれており、レセプションホールから弧を描くように配置された螺旋階段を2フロア上がると、「ピアノ・ノービレ」と呼ばれるルネサンス建築のメインフロアがあり、イタリア料理とアジアン・キュイジーヌを提供する、パラッツォで最も大きなサロンとなるダイニングエリアになっています。大きな窓ガラスのあるメインルームからはグランカナルを、内装の基調色を名の由来とする「イエロー・ダイニングルーム」と「レッド・ダイニングルーム」からはグランカナルとリゾート内のガーデンテラスを眺めることができます。
また、カナルとは反対側に位置し、サン・ポロ広場や旧市街に面した庭園では、季節によって日本食が提供されています。

 
アマン・カナルグランデ・ヴェニスのダイニングの装飾
photo by amanresorts.com

運河と芸術性の高い装飾を眺めながらの食事は、とても思い出深い時間になること間違いありません。

 
バー
photo bylivedoor.blogimg.jp

グランカナルの落ち着いた景色を眺めることができる、バーエリア。お食事の前後に、ドリンクをいただきながらリラックスして過ごすことができます。

 
ライブラリー
photo by column.madamefigaro.jp

豪著でリラックスした雰囲気の中、グランカナルの風景とともに軽食やお飲物を楽しむことができるサロン、ライブラリーがあります。チェスなどのボードゲームができるスタンツァ・デル・ティエルポや、プライベートダイニングやミーティングに利用できるスタンツァ・デル・グアラナなどのゲスト専用施設も用意されています。

 
アマン・カナルグランデ・ヴェニスのテラス
photo by amanresorts.com

屋上には、息をのむほど美しい眺望が広がる小さなテラスが設けられており、ヴェネツィアの美しい夕景を眺めることができます。

 
ゴンドラ
photo by ja.wikipedia.org

ヴェニスに来たならゴンドラは外せません。ぜひ、ゴンドラに乗って運河を巡る観光をすることをおすすめします。ゴンドリエーレが漕ぐ小舟に揺られながら見る美しいヴェニスの街なみは、とてもロマンティックでしょう。また、アコーディオンの音色とケンツォーネの熱唱を楽しむことができます。

 
サン・ジャコモ・ディ・リアルト教会
photo by 4travel.jp

大きな時計がひときわ目を引く教会が、サン・ジャコモ・ディ・リアルト教会です。ヴェネチア最古の教会で、小さくてあまり目立たない教会ですが、中は所々に歴史を感じさせる教会です。
教会の前は小さな噴水広場になっており、このあたりは昔は商人の街として栄えていたようです。ホテルからほど近い場所にあるので、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

映画の中のシーンのような「アマン・カナルグランデ・ヴェニス」

アマン・カナルグランデ・ヴェニスがあるカナルの夕暮れ
photo by amanresorts.com

2015年から開業となる”アマン東京“や”アマンダリ”など世界19か国で27のリゾートホテルを展開する、世界中のトラベラーが一度は訪れたい憧れの存在であるアマンリゾーツ。そのヴェネツィアのアマンである「アマン・カナルグランデ・ヴェニス」。ぜひいつの日か訪れたい最高級アマンリゾートです。
サービス・施設:送迎サービス
        ルームサービス
        ドライクリーニング
        会議室
        インターネットアクセス付きビジネスセンター

 

アマン・カナルグランデ・ヴェニスの情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード