カリブ海に浮かぶ日本から最も遠い憧れのアマンリゾート「アマンヤラ」

アマンヤラは、アメリカのマイアミから南東900キロ、カリブ海に浮かぶ英国領タークス&ケイコス諸島に位置する日本から最も遠いアマンリゾート。世界中のトラベラーの憧れの場所である世界屈指のリゾート「アマンヤラ」をご紹介します。

アマンヤラ Amanyara

アマンヤラ
photo by amanresorts.com

アマンヤラは、アメリカのマイアミから南東900キロ、カリブ海に浮かぶ英国領タークス&ケイコス諸島に位置する、日本から最も遠い憧れのアマンリゾート。人口2万人足らずのタークス&ケイコス諸島は近年、「ベスト・ウォール・ダイビング」、「トップ15・モスト・ポピュラー・ダイブ・デスティネーション」、「ベスト・フィッシュ・ライフ””ベスト・フィッシュ・エンカウンター」などの世界各国のマリンジャーナリストからのアワードを総なめにしていいる美しきアイランドリゾートです。

 
アマンヤラ
photo by amanresorts.com

アマンヤラは、サンスクリット語で「平和」を意味するアマンと、アラワク・アメリカ先住民の言語で「場所」を意味する「ヤラ」と言う言葉に由来しており、2,500平方キロメートルにも及ぶ珊瑚礁や美しいカリブの海に囲まれ、1,678ヘクタールの広大なノースウェスト・ポイントナショナルパークに隣接するこのリゾートにふさわしい由来に感じられます。

 
アマンヤラのビーチ
photo by amanresorts.com

アマンヤラのビーチは、アマンリゾートの中でも屈指の美しさと言われており、ホワイトサンドビーチとカリブの海のコントラストはまさに楽園です。

 
アマンヤラでダイビング
photo by amanresorts.com

世界一のウォール・ダイビングやコーラル・フリーダイビングのポイントと評される国立公園に隣接しているアマンヤラでは、ぜひ思う存分ダイビングを楽しみましょう。また豊かな自然環境が育んだ、海すべてがフィッシングポイントとなっている環境での洋上フィッシングもおすすめ。マヒマヒ、ツナ、キングフィッシュなども容易に釣ることができます。
 他にもスパ、フィットネスセンター、ライブラリー、ブティック、シアタールーム、テニスコート、ネイチャーディスカバリーセンターなど必ずやゲストの意向を叶える設備を揃えています。

 
アマンヤラの客室
photo by amanresorts.com

全40室ある客室は、ヴィラとパビリオンの2種類。パビリオンは、敷地内の池に面した”ポンドパビリオン”と海岸に面した”オーシャンパビリオン”に分かれています。各パビリオンは、広大な敷地に生い茂るジャングル内に点在しているためプライベートな滞在を満喫することができます。

 
アマンヤラの客室
photo by amanresorts.com

モダンでありながら木で仕立てた温かみを感じ、大自然の中にいることを実感させてくれる素晴らしい空間です。客室ではなんと、部屋の電話を使っての通話を国際電話も含めて無制限で利用することができるテレフォンフリーサービスと冷蔵庫内の飲み物をすべて無料で補充してくれるフリーリフレジエーターサービスがアマンヤラの魅力の1つ。ローカルビールのターコスヘッドやソフトドリンクを存分に楽しむことが出来ます。

 
アマンヤラのダイニング
photo by amanresorts.com

アマンヤラのレストランは、人口池に浮かぶようにデザインされたホテルメイン棟のオープンエアスタイル。1テーブルずつ仕切られた掘りごたつ席、池の脇のオープンエア席、室内のメインダイニング席に分かれています。他にもプールサイドでも、ビーチクラブでも、自分の感性が趣くところで、お好きな料理を存分に頂きましょう。

 
アマンヤラのバー
photo by amanresorts.com

天井が10m近くある円形のバーは、リゾートのランドマークのような印象で、円錐型のバーカウンターを囲むように、周りにはデイベッドが配置されていて、窓からは美しいカリブ海を望むことができます。

 
夕暮れ時のアマンヤラ
photo by amanresorts.com

そして夕暮れ時の絶景は見逃してはいけません。50メートル×8メートルのインフィニティプールと周辺風景が織り成す景色は、アマンヤラに滞在したことを必ずや満足されるでしょう。

 

日本から最も遠い憧れのアマンリゾート「アマンヤラ」

アマンヤラ
photo by amanresorts.com

世界中のトラベラーの憧れの場所であるアマンリゾーツ。そのタークス・カイコス諸島のアマンである「アマンヤラ」。ぜひいつの日か訪れたい最高級ビーチリゾートですね。

 

アマンヤラの情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード