海の宝石箱と称される美しき楽園。死ぬまでに訪れたいパラオの世界遺産「ロックアイランド」

日本から南に約3,000km、385種以上の珊瑚や多様な海洋生物が生息する豊かな環境から「海の宝石箱」と称されるパラオの「ロックアイランド」。美しいブルーラグーンに400を超える珊瑚礁の島々が作り出す楽園をご紹介します。

ロックアイランド

ロックアイランド
photo by Charly W. Karl

ロックアイランドは、日本から南に約3,000km、パラオ共和国のコロール島とペリリュー島の間にある、400を越える島々の総称。自然と文化の複合遺産に登録されています。

 
ロックアイランド
photo by Matt Kieffer

ロックアイランドは、古代の珊瑚礁が隆起して出来た石灰岩の島で、傘のような形をした島々に青いラグーンが広がり、有名なダイビングスポットが点在しています。

 
マッシュルーム状の島々
photo by sureshkumawat

緑濃いこんもりとしたマッシュルーム型の島は、多種多様な植物やパラオオオコウモリなど多くの固有種が生息しています。

 

ロックアイランドでダイビング

ロックアイランドに生息する熱帯魚
photo by amanderson2

世界中のダイバーの憧れであるロックアイランド。

 
ウミガメと背に乗る魚
photo by amanderson2

まさに海の宝石箱にふさわしい光景です。

 

パラオのツアー情報をチェック!


 
この記事についたキーワード